お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

鉄板「出会いの場」4選

ファナティック

社会人になってからは仕事が忙しくて異性との出会いが少なくなった。そんなふうに感じている人もいるかと思いますが、世間的に「出会いの場」と聞いて思い浮かべるのはどこなのでしょうか? 意外と身近にありそうな「出会いの場」。今回は男性が真っ先に思い浮かべるのはどこなのかについて聞いてみました。

合コン

・「合コン。結婚理由で一番聞くから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「合コン。容易に出会えるから」(27歳/農林・水産/技術職)

気軽に参加できる合コンは、やはり「出会いの場」として定番のようです。普段なかなか出会えない人と交流を深めることができるので、交友関係が広がるのも合コンのメリットでもあります。

インターネット

・「インターネットのお見合いサイトです。同じ趣味の人が集まるコミュニティがあり、そこで話が盛り上がり仲よくなったら、出会いやすいと思うので」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「SNSです。多くの人と交流できますし、気軽にメッセージを送ったり、アポをとったりすることができるから」(35歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

実際に会ったことがない人とも簡単につながるSNSなどのネットでのつながりは時間や場所にも融通が利くので、忙しい社会人の男性たちでも多くの出会いを見つけられるのでしょうね。ただ、ネットには危険な面もあるので、利用するときには注意したいところ。

趣味のサークルなど

・「遊びで同じ趣味の持つ人」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「バーベキューや趣味で集まるイベント。話が合うから友だちになりやすい」(29歳/情報・IT/営業職)

・「趣味のサークル活動やボランティア活動など。出会いメインの場はちょっと気負いするので、何か別の活動を伴っている方がいい」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「テニススクール。男女問わず人が集まるから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

初対面でも話が盛り上がりそうなのが、同じ趣味の人が集まるサークルやイベント。最初から異性との出会いを目的としたものでないぶん、気負わずにいられるのもいいですよね。趣味に使う時間と出会い探しが一石二鳥で叶うという意味では、忙しい人に向いている!?

職場や友だちの紹介

・「会社関係の取引先。いろんな女性と知り合えるから」(23歳/その他/その他)

・「バイト先。すぐに打ち解けるし、ある程度社会的だから」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「友人との飲み会での紹介」(27歳/商社・卸/営業職)

自分のことをわかってくれている友人からの紹介や、職場での出会いというのも、カップル成立のきっかけとしてよく聞く話。どんな人かある程度わかるのも、いいですよね。

<まとめ>

恋人ができない、出会いがないと嘆いている人も少なくありませんが、こうして見ると出会いの場というのは普段の生活の中にも色々ありそうです。実際に付き合うまでになるにはもちろん時間が必要ですが、きっかけを見逃さなければ出会いのチャンスは少なくないと言えるかも。仕事が忙しくて積極性をなくしてしまうと、素敵な人との出会いもなくなるもの。まずは、何か行動を起こすことが大事かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月17日~31日
調査人数:109人(22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年04月27日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE