お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子には理解不能な「男子がモテるために、がんばっているコト」4パターン

ファナティック

考える合コンなどで、男性が「モテたい!」と思って見せるがんばりは、女性から見ると空回りに見えてしまうこともありますよね。今回は「男性がモテるためにがんばっているけど、正直理解できないこと」について、女性のみなさんの本音を聞いてみました。

仕事をがんばっているアピール

・「仕事で活躍した自慢」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「仕事を毎日遅くまでがんばっているアピール。仕事が遅いともとれてしまうので」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「忙しいアピール。特に残業時間の多さをアピールされても、要領が悪いだけじゃないの? と思ってしまうことも」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「もう残業ばっかりで忙しいよ」など、仕事をがんばっているアピールは女性には不なようです。本当にがんばっている人は素晴らしいのですが、「仕事が忙しい=仕事がデキる俺」をアピールしたいという図式が見えてしまった場合には、ちょっと引いてしまうのかも知れません。

過去の栄光を自慢する

・「モテた過去の自慢をしてくる」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「学生時代の栄光を自慢する」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「過去の武勇伝を語りたがる」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

よく「昔はこんなに悪かった」や「昔は彼女がたくさんいた」など、過去の栄光を自慢してくる男性もいますよね。「かっこいい!」と言われたい男性の気持ちもわかりますが、女性からすると面倒なのかもしれません。

時計や車、小物にこだわる

・「時計にお金をかける」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「車にお金をかける。そこまで女性は詳しくないのでよくわからない」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「メガネや帽子など小物にこだわりすぎているとき」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

ブランド物の時計や高級車、メガネや帽子などの小物にこだわる男性も「理解できない」という女性が多いようです。「1点豪華主義」のアピールなのかもしれませんが、お金遣いが荒そうなイメージを持ってしまいます。

女子力が高すぎる

・「身だしなみに気を遣いすぎ」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

・「眉毛のセットに時間をかけすぎている人」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「女性並に美容院に行ったり、スキンケアに手間と時間をかけたり、爪を磨いたりしてる男性」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

最近増えている「女子力が高い男子」も、女性から見ると「やりすぎ」に見えてしまうようです。身だしなみに気を遣うのは悪いことではありませんが、「爪を磨く」レベルまでくると、やりすぎのような気がしますよね。

まとめ

「男性がモテるためにがんばっているけど、正直理解できないこと」について、仕事が忙しいアピールから女子力高いアピールまで、さまざまな意見が集まりました。「モテたい!」と思う気持ちはわかるものの、度を越えたがんばりは逆効果のようです。男性も女性も、がんばりすぎずに自然体なのが一番いいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数138件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2016年04月26日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE