お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女のちがい】地方出身の女子が、地元の方言で話しているときに思うことランキング!

ファナティック

最近では「方言女子」を特集した番組や記事が多くありと、地方出身で方言を話す女子が「かわいい」と、何かと話題になっていますよね。みなさんは、そんな「方言女子」についてどう思いますか? 男女ともに意見を聞いてみたところ、それぞれ捉え方にちがいがあることがわかりました。

Q.地方出身の女子が、地元の方言で話しているとき、どれを思うことが多いですか?

【女性】
1位 何も思わない……47.5%
2位 うらやましい・かわいい……36.1%
3位 わざとらしい・あざとい……16.5%

【男性】
1位 かわいい……58.8%
2位 何も思わない……37.3%
3位 わざとらしい……3.9%

「かわいい」と感じる男性が58.8%と半数以上を占める一方で、女性の多くは「何とも思わない」と回答。方言を特別なものだとは思わない女性は多いようです。それぞれの意見を詳しく見ていきましょう。

方言女子はかわいい! ……男性の気持ち

・「方言を言って照れてる姿がかわいい」(22歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「自分が知らない言葉を話しているとかわいく感じる」(25歳男性/情報・IT/技術職)
・「たまにふとした瞬間に方言が出ると、安心してくれてるのかな? と思うため」(25歳男性/ソフトウェア/営業職)
・「地方出身のほうが、リラックスして自然に方言を話すということがうれしいし、方言を大切にする考えもまた素晴らしいです」(23歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「自分も地方出身であり、親近感がわくから」(25歳男性/情報・IT/営業職)
・「わざとらしくなければいい」(23歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

やはり、自分になじみのない方言を話す女性に「かわいい」と感じる男性は多いよう。また、普段は方言を隠している女性が自分の前でポロッと方言を出してしまうと、自分に気を許してくれているように感じられ、うれしくなるそうです。ですが、わざとらしさは逆効果にも。方言は自然と出てしまうものだけに、加減は難しいですよね。

方言は特別なものではない……女性の見解

・「地方出身なのに標準語を完璧に話せるほうが不思議だから」(23歳女性/小売店/事務系専門職)
・「方言が出てしまうのは仕方ないので、特に何も思わない」(28歳女性/ソフトウェア/技術職)
・「自分もそうなので。話しやすければいいと思う」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「自分の周囲もみんな方言で話しているから、特に何も思わない」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「へ~そういう方言なんだって思うだけ」(31歳女性/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

一方で、方言にそこまで関心がないというのが女性の見解のよう。地方出身者が方言を話すことは変わったことではなく、珍しいことでもないので、方言を話しているからといって特に「かわいい」とも「あざとい」とも感じないそうです。むしろ、方言がどうと考えたこともないという人も少なくありませんでした。

まとめ

方言に関しての捉え方には、どうやら男女で大きな差があるようです。しかし、方言を話す人に対しては、地元の言葉だけなく地元自体を大切に思っているように感じられて好感度が高い、というのは共通して見られた意見でした。地方から都会に出ると、標準語でしゃべるように注意しているという人も多いかと思います。しかし、ときには地元を思い出して、方言を使ってみるのもいいかもしれませんよ?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数386件。22歳~39歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE