お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男が結婚したいのは「洗練された女性」「あか抜けていない女性」どっち?

ファナティック

よく、恋愛と結婚は別物と言いますが、それは女性に限ったことではないようです。多くの女性が目指す「すてきな女性像」が必ずしも男性の「結婚したい女性像」と同じとは限りません。結婚したい女性のタイプについて以下のような質問を、社会人の男性にしてみました。

Q.「都会らしい洗練された女性」と「あか抜けていない女性」どちらの女性とより結婚したいですか?

都会らしい洗練された女性……31.6%

あか抜けていない女性……68.4%

7割近い男性が、あか抜けていない女性と結婚したいと回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

「都会らしい洗練された女性」と回答した男性の意見

●磨かれた女性が好きだから

・「都会も田舎もどちらでもいいけど、都会の荒波にもまれたほうが経験を積んでいそう」(33歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

・「田舎育ちの子は色んなことに免疫がなく気を遣うから」(31歳/印刷・紙パルプ/営業職)

世間の荒波を乗り越えていくには、ある程度の強さも必要ですよね。時には自分によろいをつけなければならないこともあるでしょう。人は磨かれれば磨かれるほど強くなるもの。少しタフなくらいがちょうどいいのかもしれません。

●おしゃれできれいな女性は魅力的

・「どちらとも言えないが、身だしなみがキチンとできているってことは洗練されて見えると思った」(36歳/商社・卸/営業職)

・「ずっと一緒にいるならきれいな女性の方がいい」(38歳/医療・福祉/専門職)

結婚して夫婦になっても、お互いに慣れすぎず、いつまでも新鮮な気持ちを持ち続けるにはそれなりの努力も必要です。2人で一緒に出掛けるときくらいは洗練されたおしゃれな夫婦としてデートを楽しみたいですね。

「田舎っぽいあか抜けていない女性」と回答した男性の意見

●家庭生活には癒やしが必要

・「のんびり過ごしていると思うのでゆっくりと歩んでいけそう」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「話をする上で洗練されすぎていると気が引ける」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「都会派気取りのオシャレライフに付き合わされると疲れそう」(39歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

ビジネスの上では洗練された思考の人の方が付き合いやすいという人もいると思いますが、家庭生活においては、癒やしを求める男性も多いようです。見た目のよさや合理性だけを追求した生活スタイルは、ドライな家庭生活になってしまう可能性もありそうですよね。

●都会的な女性=お金がかかる!?

・「あまり都会に染まると家計が大変そう」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「付き合うなら洗練された女性だが、金がかかりそう」(34歳/商社・卸/その他)

・「こっちのほうがお金がかからなそうだし、性格もよさそう」(36歳/運輸・倉庫/その他)

これらの意見だけ見れば「ケチなのかな?」と思う人もいるかもしれませんが、長い人生においてお金の使い方は永遠のテーマとも言える問題ではないでしょうか。ファッションや美容、おしゃれな食べ物などにお金を使いすぎるのは現実的とは言えませんよね。

●その他、都会的な女性のイメージ

・「経験上都会らしい洗練された女性はもともと田舎者」(39歳/医療・福祉/専門職)

洗練された雰囲気は努力によって手にするものという側面もあります。都会生まれ都会育ちの女性よりも都会的な地方出身の女性は大勢います。表面上の雰囲気だけで偏ったものの見方をすることは避けたいですね。

まとめ

社会人としてうまく世間を渡り歩いていくためには、ときとして自分を使い分けることも必要です。「自分はこうあるべき」という固定概念に縛られず、対外的なシーンでの自分と、家庭生活を送る上での自分をうまく使い分けて、洗練された美しさと人に癒やしを与えられる優しさを併せ持った女性を目指していきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数411件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年04月03日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE