お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ごめん、無理だ! 男性が「ヨリを戻したくない」と思ってしまう女性の特徴

ファナティック

一度は別れたけれど、何かきっかけがあって復縁するカップルもいますよね。離れたことでお互いのよさを改めて感じた……ということなのかもしれませんが、逆に「絶対にヨリを戻したくない」と思ってしまう相手というのもいるもの。今回は、男性のみなさんにヨリを戻したくないと思う女性の特徴について教えてもらいました。

ワガママ・自己中心的

・「愚痴が多い。自分が悲劇のヒロインだと思ってる。自己顕示欲が強い」(38歳/その他/クリエイティブ職)

・「ただ自分の利益のみで人を動かすような人は嫌い」(38歳/農林・水産/技術職)

・「付き合っているときはよかったが、ふと別れて元に戻ると、ワガママな女は二度と関わりたくない」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

付き合っているときは許せていたけど別れてから改めて「ワガママだったな」と感じる女性、自分のことしか考えていないような女性とは、ヨリを戻したいと思わないようです。愚痴っぽい女性も男性たちには別れてよかったと思われることがあるみたいです。

不誠実

・「浮気をした人。気持ちがほかの人に行くなら自分はその人を好きでい続けることはできない」(32歳/情報・IT/技術職)

・「ひと言でいうと不誠実な人。自分で言った言葉を平気で裏切ったり、自分を守るための言い訳を山ほど言う人」(39歳/建設・土木/技術職)

・「男友だちと2人で出かけることがある。それを何とも思ってない」(32歳/運輸・倉庫/その他)

彼氏がいるのに男友だちと平気で出かけたり、浮気をしたりする不誠実な女性に対しても愛情を持ち続けることは難しいと感じる男性は多いようです。異性の友だちと完全に縁を切る必要はないにしても、彼が「嫌だな」と感じているのなら、多少の配慮は必要みたいです。

金銭感覚が合わない

・「働かない。デートなど全部こっち持ち」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お金はすべて男が出すのが当たり前と思っている女」(38歳/医療・福祉/専門職)

・「美容にばかりお金をかけていて、借金してでもエステや美顔器を買ったりしていた」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

付き合っていくうえで金銭感覚が合うというのは大事なこと。男性にデート代を全部払わせて平気な顔をしている女性に対しては、金銭感覚のちがいを感じる男性も少なくなさそう。こういう女性と付き合っているとお金がいくらあっても足りないということでヨリを戻したいとは思えないようですね。

ワガママだったり誠実な付き合いをしてくれなかった女性とは、何があってもヨリを戻したくないという男性は多いみたいですね。付き合っている間は少しくらいのわがままもかわいいと思えていたのが、別れたあとは余計に腹立たしく思えてくるのかも。別れた原因が全て女性にあるわけでないにしても、男性から「絶対にヨリを戻したくない」なんて思われてしまうのってちょっと残念。いくら彼氏といえども、ワガママや自分勝手な振る舞いばかりしていると、別れたあとまで悪く言われることにもなりかねません。気をつけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです
※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月5日〜12日
調査人数:163人(22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]