お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

逆に愛おしい!? 私が愛する彼の欠点5選「ケチ=堅実」「ルーズ=大らか」

板橋不死子

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

人から見れば欠点だと思うようなところも、大好きな彼だと、あら不思議。愛おしく見えてしまうものです。では、どんな欠点がどんな風によく見えているのでしょうか。働く女子たちに聞きました。

お金に細かい=堅実

「1円単位まで割り勘するほどケチな彼。でもそんなところがしっかりして見える」(26歳/金融)

お金にシビアな男性は敬遠されがちですが、見ようによっては「堅実な人」と、好印象。無駄遣いが多い人よりはたしかにこちらのほうがいい気もします。

時間にルーズ=大らか

「彼自身が時間にルーズなので、待ち合わせに遅れてもケンカにならない。大らかでいてくれて助かります」(29歳/メーカー)

感覚がちがいすぎるから気になってしまうわけで、同じようなタイプのカップルであれば意外とうまくいくのかもしれません。

クレーマー=芯がある

「クレーマー気質で、ちょっと気に入らないことがあると言わずにいられないタイプ。そのおかげか、お店でおまけしてもらえることもあり、はっきりモノを言うところに惚れ直す」(31歳/自営業)

店員さんに上から目線で注意する男性は不人気なのでは? と思いきや、自分の主張を曲げない姿勢に逆に男らしさを感じてしまう、という意見もあるようです。

連絡下手、出不精=浮気をしない

「マメじゃないところ。人に会ったり連絡したりするのが億劫なタイプなので、浮気の心配がない」(28歳/サービス)

マメな人ほど浮気に走りやすいと言いますから、あながち間違いではなさそう。多少会わなくてもこんな彼なら安心?

束縛=愛情たっぷり

「束縛してくる。それも愛されている証拠だと思うとついニヤけてしまう」(26歳/IT)

束縛を嫌がるどころかウェルカムという女子も。愛があるうちはちょっと強引なくらいがいい刺激になるのかもしれませんね。

ハタから見れば「ええ?」と思うような性格も、当人にはちがって見えることは多いのかもしれません。まさに短所と長所は紙一重、受け取り方次第と言えるでしょう。彼の欠点に悩んでいる方、ちょっと視点を変えてみると、案外愛せるポイントなのかもしれませんよ。

※画像はイメージです。

(板橋不死子+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]