お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

次につなげるために! 女性がデート後に送る「メッセージ」4選

ファナティック

デートを楽しんだあと、相手にその余韻をどう感じてもらうかはとても重要です。デート後の対応によって、次回のデートに対するモチベーションも変わってきます。次につなげるためのデート後に送るメッセージについて、社会人の女性に聞いてみました。

「楽しかった」が効果的

・「デートが楽しかったことを具体的に伝えるメッセージが喜ばれると思う」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「楽しかったよ、というひと言と、次のデートのお誘いがあればいいな、と思います」(31歳/その他/その他)

まずは今日のデートが楽しかったということを伝えましょう。彼は彼女が自分とのデートに満足できたか気になっているはず。彼を安心させるという意味でも、「楽しかった」のひと言は忘れずに送りたいですね。

絵文字やスタンプをフル活用

・「ハートマークを多用してものすごく楽しかったことを伝えると、次も誘ってもらえる」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「絵文字でかわいく作る。楽しかったことが伝わりやすい」(34歳/金融・証券/専門職)

さらに楽しかった気持ちを伝えたいのなら、絵文字でかわいく仕上げましょう。テンションが上がっている様子がうかがえて、彼も次のデートに誘いやすい雰囲気になるかもしれません。

次のデートプランを提示する

・「今日は楽しかったというのと、今度はどこに行きたいという提案」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「今度はあそこのお店に行ってみたいです、と具体的に次のデートの案を入れる」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

単なる社交辞令に捉えられたくないのなら、次のデートプランを提示してしまうのもひとつの手です。次回の約束を取り付けることで、本当に自分とのデートを望んでいるんだと感じさせることができるでしょう。

送るタイミングも大切

・「次の日ではなくて、なるべく別れてすぐ直後がいいと思います」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「熱冷めぬ興奮を伝えると誘いがいがあると思われるかなと思う」(31歳/情報・IT/技術職)

鉄は熱いうちに打つのが効果的。時間をおいてからでは興奮も冷めてしまうので、余韻がまだ残っているうちに送りましょう。自分とのデートを強く印象付けるには、内容もさることながら送るタイミングが大切です。

まとめ

デート後の対応によって、そのデートの印象は大きく変わってきます。一度きりで終わらせたくないのなら、お礼のメールは送ったほうが賢明です。自分らしい言葉で、楽しい時間を過ごせたことに対するお礼の気持ちを伝えましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月16日~2月23日
調査人数:135人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]