お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

彼氏or上司or家族or同僚……!? 生理痛がひどいとき、一番理解してほしい相手ランキング5!

生理痛がひどいときは動くのもつらく、仕事や家事にも影響が出てしまうことってありますよね。そんなつらいとき、まわりの人が理解を示し、手助けしてくれると本当に助かります。生理痛がひどいとき、一番理解してほしい相手は誰なのでしょうか。働く女性に聞いてみました。

Q.生理痛がひどいとき、一番理解してほしい相手は誰ですか?

彼氏……39%
旦那……21%
家族……17%
上司……16%
同僚……7%

彼氏

・「痛みを理解してほしいわけではなく、こういう症状が出ることを理解してほしいと思います」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「痛みでデートにいくのもつらいことがあるので、理解してくれるととてもうれしい」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「正直あんまりよくわかってなさそうで、もう少し理解してほしいかな……と思うから」(32歳/不動産/専門職)

「彼氏」に一番理解してほしいという意見が多く見られました。実際にはわかってはもらえない、と感じつつも少しは理解してデートなどでも気をつかってほしいと考えるようです。

旦那

・「家事を協力してほしいから」(34歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「つらいときはそっとしておいてほしいし、家事も任せたい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「少しイライラするのも、しかたないと理解してほしい」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

「旦那」に理解してほしいという声も。生理痛でイライラしているときはそっとしておいてほしいですし、できることなら家事も手伝ってほしいと考えるのも無理はありません。

家族

・「一緒に生活していて迷惑や心配をかけるかもしれないから」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「家では素の自分でいたいし、ちょっとくらいねぎらってほしいから」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「みんなに知ってもらう必要はないが、そのくらいで、と身内には言われたくないから」(31歳/情報・IT/技術職)

一緒に生活している分、心配や迷惑をかけてしまうことが多いため「家族」に理解をしてほしいという意見も多々見られました。素の自分を出せるからこそ、甘えられるなら甘えたいと思うかもしれませんね。

上司

・「風邪など以外にも、どうしようもない体調不良があるのだとわかってほしいから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「体調不良をわかってほしい、サボっているわけではない」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「会社で痛くなったときに説明に困るので、察してほしい」(34歳/医療・福祉/専門職)

生理でつらいときは仕事に集中できず効率が悪くなってしまうこともありますよね。そんなとき「上司」が理解を示してくれたらどんなにいいかと思ってしまう人は多いようです。

同僚

・「仕事に影響が少し出るから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「仕事でつらそうにしていても、言えない理由があることも踏まえて理解してほしい」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「職場などでお互いに助け合えるといいと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

「上司」と同様に「同僚」に理解してほしいと考える人も多数いるようでした。「同僚」が理解者であった場合、仕事を手伝ってもらったりとお互いに助け合えるので、ということだそう。

まとめ

生理痛を理解してほしい相手について、さまざまな意見が寄せられました。あなたは誰に一番理解してほしいですか? 仕事においては責任もあるため「生理痛だから……」とはなかなか言えないものですよね。ですが、せめて身近にいる彼氏や旦那、家族ぐらいには理解してもらい甘えられるといいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月19日~2月25日
調査人数:200人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]