お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性がドン引いてしまう、女性の痛い行動3選

ファナティック

自分をよく見せるためにがんばってみたり、気になる異性にアプローチするときに気合が入りすぎたりしたとき、まわりにはそれが「痛い行動」に見えることもあるようです。今回は、男性から見てドン引きしてしまうほど「痛い」と感じる女性の行動について聞いてみました。

<男性がドン引きする女性の痛い行動>

■気になる男性へのなりふり構わないアプローチ

・「明らかに恋愛経験が少ないだろう女性が、モテそうな女性に恋愛を語っていたこと」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「なりふり構わず、いろんな男性に声かけて、男性のご機嫌を取っているとき」(36歳/医療・福祉/専門職)

・「あからさまに気になる相手にしか愛想がない」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「酔ったふりをして男の肩に頭をのせていること」(33歳/食品・飲料/営業職)

気になる男性にはとことん愛想がよくて、アプローチが極端すぎる女性は、男性から見ると「痛い」と思われることがあるようです。手当たり次第に男性に声をかけたり、恋愛経験豊富な振りをする女性を冷めた目で見ている男性は多いのかもしれませんね。

■泥酔しての大失態

・「お酒を飲みすぎて、トイレから1時間以上出てこない」(38歳/その他/専門職)

・「飲み会のあとに酔いつぶれて外で寝てしまったこと」(33歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「酒に酔って隣テーブルの騒がしいサラリーマンに絡んで行った」(35歳/小売店/営業職)

楽しくお酒を飲める女性は男性に好印象を与えますが、飲みすぎて酔いつぶれてしまったり、トイレにこもったまま出てこないというのは、恥ずかしい失敗です。自分の適量を知らないで酔っ払っている姿というのは、大人の女性としても大失態と言えますよね。

■人の話を聞かない

・「こっちの発言をさえぎって話しはじめる」(38歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「自分の話ばっかりする」(32歳/情報・IT/営業職)

・「自分の愚痴だけ散々話して、こっちが話そうとすると、『聞きたくない』と拒絶されたとき」(37歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

自分は散々愚痴を聞かせておきながら相手の話は聞かずに、相手が話している途中で話しはじめるなど「自分が、自分が」という態度の女性も「痛い女性」だと思われてしまうみたい。相手の話を遮らない、自分のことばかり話さない、という基本的な会話のマナーを忘れないようにしたいですね。

<まとめ>

「痛い」と男性に思われてしまう行動の数々。みなさんは、心当たりはありますか? もし、「私もやっているかも……」と思うことがあれば、これからは気をつけたほうがよさそう。人の話を聞かなかったり、相手によって態度をコロッと変えすぎるというのは、男性に悪い印象を持たれてしまうだけでなく自分自身の信用もなくしてしまうかもしれません。周囲の人には思った以上に行動をチェックされていると心得ておかないとダメですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ。
 調査日時:2016年2月16日~2016年2月18日
 調査人数:402人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]