お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

聞くんじゃなかった……彼の元カノについて聞いて後悔した瞬間4選

ファナティック

女性

元カノの存在は、気にしないでいようと思っても、気になってしまうもの。終わったこととはわかっていても、つい彼に元カノの話を聞いてしまうこともありますよね。そこで今回は女性のみなさんに、彼の元彼女について聞いて後悔した、残念エピソードについて、お話を聞いてみました。

かわいかった

・「元彼女がすごくかわいかったことを聞いて、自信がなくなった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「自分よりかわいかったということ」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「とても美人でモテモテな人だと聞いたこと。過去の人なのに、嫉妬心が芽生えてしまった」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

自分よりも元カノがかわいかったという話を聞くと、終わっているとはいえ、つい自信がなくなってしまいますよね。嘘をつかれても嫌だけど、本当のことを聞いても傷ついてしまうものです。

家庭的だった

・「すごく家庭的という感じだったので、自分のできなさが露呈され、どんどん自信がなくなっていった」(27歳/電機/事務系専門職)

・「自分より家事スキルがすごかったこと」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分よりも家庭的だった」(25歳/医療・福祉/専門職)

元カノが家事ができたと聞くと、つい対抗心を燃やしたりしちゃうものですよね。人によって得意分野や異なるものと割り切りたいものですが、どうしても気になってしまいます。

デート先

・「どんなところでデートしていたか」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「元カノのために努力したことやデートで行った場所とか聞いて後悔。その場所のデートは元カノの思い出に浸ってるのではないかと思い、こちらが楽しめない」(34歳/その他/その他)

・「元彼女との旅行の話を聞いて、自分より高級な旅行でショックでした」(32歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

彼と元カノのデート先はどこに行っていたのか、好奇心で聞いてみたりすると、自分とのデート先より豪華な場所へ行っていたのがわかると、ショックを受けるものです。もしかして彼が気を遣っていたのかもしれませんけどね。

別れた理由

・「別れた理由。彼の悪いところも見えた」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「別れ方が嫌いになって別れたのではなく、遠距離だからという理由で別れたそう。これって二度と2人を会わせない方がいいかもな~と思う」(32歳/その他/その他)

・「別れ方がよくわからないとき」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

別れた理由を聞くと、今も元カノのことが気になっているのかどうか、わかってしまいそうですよね。ハッキリ別れた理由を言わない場合、もしかして未練があるのかもしれません。

まとめ

彼の元カノに対する気持ちというのは、どうしても気になってしまいがちですが、知らないほうが幸せなこともあるものです。今の彼女は自分だと自負して、元カノの存在は気にしないようにするほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数209件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]