お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

ビバ☆シングルライフ!? 女子が彼氏なんかいらないと思ってしまう瞬間3つ!

ファナティック

「女性は、恋をしているほうが輝いていて素晴らしい!」というような風潮があるように思いますが、必ずしも「恋する女性は素晴らしい」とは限りません。ひとりでいること、誰にも縛られていない状態の女性だって、すごく輝いているし、美しいはずです。そこで今回は、「ひとりのほうがいい!」と女性たちが強く感じた瞬間について、聞いてみました。

だらだらまったりタイム中

・「家で寝転びながらくつろいでいるときは、ひとりがいいなと思います」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「人に見せられないような格好で、だらだら過ごしているとき」(28歳/生保・損保/営業職)
・「休日の前の日に、ひとりでのんびりテレビを見ながら、夜更かしできるとき」(34歳/その他/秘書・アシスタント職)
・「休日にどれだけ怠惰な生活をしていても、誰にも怒られない」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

彼と一緒にいては決して見せられない姿ですよね……。たまには、だらだらまったりとする時間もないと、ストレスで老け込んでしまいます。

お金も時間も自由に使いたい!

・「デートをするために自由な時間がなくなること。ゆっくり休みたくても休めないこと。まるで仕事です……。会社の飲み会や慰安旅行をしてるみたいに感じるときがあります」(34歳/情報・IT/事務系専門職)
・「土日の予定を好きに決められる」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「プレゼントを毎回考えたり、頻繁にデートしたりしてるとき」(28歳/医薬品・化粧品/技術職)
・「記念日とかイベントごとにあげるプレゼントをしなくていいので、自分のためにたくさんその分のお金を使えるとき」(24歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

デートやイベントごとのプレゼント……彼がいると、時間もお金も使わなければなりませんが、フリーになれば、その分自分のためにそれらをつぎ込むことができます。どうでもいいデートをするより、そのほうがよほどいいかも……。

感情に縛られない

・「嫉妬されたり、面倒くさいとき」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「過剰な嫉妬に基づく過干渉をされたとき。ひとりでぼんやり考えごとをしたいとき」(30歳/その他/その他)
・「気分の乗らないときに、構ってちゃんな行動をされたとき」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「彼氏が気持ち悪いと感じたとき」(34歳/その他/事務系専門職)

彼の言動にいちいちイライラしたり、悲しくなったりするのって、とても疲れます。逆に、自分に対し、彼がそういう感情をぶつけてくるのも疲れますよね……。こういう面倒くささから、解放されたら、さぞや楽になるでしょう。

まとめ

彼氏がいなくても、女性は充実した生活を送ることができます。むしろ、彼氏がいて、不満を抱えながら毎日を過ごすことよりも、ひとりのほうがずっと自分にとっていいはずです。彼にもやもやとした不満がある人、思い切って、一度ひとりになってみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数427件。22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]