お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

穴があったら入りたい……彼氏に聞かれた私の恥ずかしい寝言4選

ファナティック

泣いている彼とお泊まりデートに慣れてくると、つい気も緩んで、夜は爆睡してしまうようになっちゃいますよね。自分が気づかないうちに、寝言を言ってしまうなんてこともありそうです。そこで今回は女性のみなさんに、彼氏に指摘された、恥ずかしい寝言について、お話を聞いてみました。

食べ物のことを言う

・「いつも食べ物の寝言を言ってて、食い意地がはってると言われたこと」(29歳/その他/技術職)

・「蜜柑がすっごく食べたいってことを力説してたことがあるらしい」(32歳/自動車関連/技術職)

・「『おいしいです!』と元気よく寝言を言ったらしい。寝てるときでも食べ物のことを考えていると笑われて恥ずかしかった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

寝ているときまで食べ物のことを言っていると、どれだけ食い意地が張っているんだと思われちゃいそうです。寝る前にお腹が空かないように、しっかり食べておくようにしましょう。

張り切っていた

・「『よっしゃ!』って叫んでたらしい」(25歳/運輸・倉庫/技術職)

・「『お願いします』と大きい声ではっきり言っていた、と言われて恥ずかしかった」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「ウエイトレスのバイトをしていた頃なので、『ワン、エビス(ビールの注文を貰って、キッチンにオーダーを通す言葉)』と叫んでいたとき」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

寝言で張り切っていると、つい大声で叫んだりしてしまうことも。仕事気分が抜けていなかったり、やる気に満ちていると、夢の中でも張り切ってしまうのかもしれませんね。

怒っていた

・「『絶対に許さないから!』と怒鳴ったらしいです」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「『死ねクズどもが!』とムスカレベルに叫んでいた」(26歳/情報・IT/技術職)

・「怒った発言をしていた」(27歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

ストレスがたまっていると、寝言で怒ってしまうことがあるみたいですね。ちょっとぐらい怒る寝言なら良いですが、あまりにもスラングな言葉を発してしまうと、本質的な部分を疑われちゃうかも?

謝っていた

・「『ごめんなさい』とひたすら謝っていた」(27歳/情報・IT/営業職)

・「上司に対して謝罪していたぞって言われた」(24歳/食品・飲料/営業職)

・「誰かに対してひたすら謝っていた」(28歳/ソフトウェア/技術職)

寝言で誰かに対して、とにかく謝りたおしていると、彼も心配になるかもしれませんね。会社でのミスを引きずってしまうと、夢でも謝罪し続けていそうです。

まとめ

寝言は自分で意識がない分、どんなことを言ってしまったのか、恥ずかしくなってしまいますよね。なるべくストレスや疲れをためないようにして、就寝するようにしたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数209件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]