お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼女がいてもなびいちゃう!? 「男性がつい落ちそうになる誘惑のされ方」3選

ファナティック

口では「彼女一筋」と言っていても、浮気をする男性って多いですよね。男性のサガとも言われますが、もうちょっと理性的になってほしいと思う女性は少なくないはず。とはいえ、女性から上手に攻められると男性の本能がくすぐられるのも仕方ない? 今回は、男性たちが落ちてしまいそうになる女性からの誘惑のされ方について聞いてみました。

体を使って誘われる

・「お酒の席で、下半身にタッチされながら言葉をかけられたとき。ちょっとのことなら我慢できるけど、何度もしつこく声をかけられたら耐えられないかも」(35歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「ひたすら強烈かつ露骨な押し。根負けが起きそうなので、妥協策を考えそう」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「身体を使ってセクシーに誘われたら、なびいてしまうかもしれない。欲求に負けてしまうと怪しい」(32歳/ソフトウェア/技術職)

お酒の席で何度もボディタッチをされたり、セクシーな洋服で迫られたり。まさに「色仕かけ」と言いたくなるような迫られ方に弱い男性は多いようですね。頭の中では彼女のことを考えていても、体が自然に反応してしまうのかもしれません……。

2番目でもいいと言われる

・「2番目でもいい発言。確保したいと思ってしまう」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「彼女がいてもOKみたいなことを言われる」(34歳/機械・精密機器/技術職)

2番目でもいいから、なんて女性から言われたら「これはチャンス!」とばかりに浮気に走ろうとする男性もいるようです。女性のほうから彼女の存在を気にしないと言われたら気を使う必要はないと思うのかもしれませんが、肝心の彼女への気使いを忘れていますよね。

おねだり風

・「上目使いでじっと見つめられて、今日は帰りたくないと言われたら」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「甘えられたら弱いです」(31歳/情報・IT/技術職)

・「あなたがどうしてもほしいと言われたら、気持ちがなびくかもしれない」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

甘え上手でおねだり上手。そういうかわいらしいタイプの女性に「今夜は帰りたくない」なんて言われるだけで鼻の下が伸びてしまう男性も。男性って女性に甘えてもらいたいという願望があるせいか、誘惑されるときにもおねだり口調で誘われると断るに断れない雰囲気になってしまうのでしょうね。

彼女の立場からすると「そんなことで落ちるの?」と言いたくなるほど、男性たちが断り切れなくなりそうな誘惑の仕方ってシンプルそのもの。そう考えると、隙あらば浮気するんだなと疑わずにはいられなくなりますよね。彼女がいるからダメだとキッパリ断れる男性も少なくはないと信じたいですが、やっぱり不安にはなるもの。女性が同席する飲み会に彼を出席させたくないと思う人が多いのは、こういう男性の生態を知っているからなのでしょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数121件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]