お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

実は気を使ってます! 彼に「面倒くさい」と思われないために、女子ががんばっているコト3つ!

ファナティック

男性の恋心が冷める要因というのは、さまざまなものがありますが、中でも彼女のことを「面倒くさい」と思うようになったら、それは別れへのカウントダウンがはじまったと言っても過言ではなさそう……。そこで今回は働く女性たちに、彼に面倒と思われないために気を付けていることを聞いてみました。

頻繁に連絡をしすぎない

・「LINEやメール、電話をほぼしない。会うときだけ連絡する」(27歳/小売店/販売職・サービス系)
・「あまり自分から連絡しない。一度断られたら、次は相手から誘われるまで誘わない」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「仕事中にむやみに連絡を取らない。返事が来ていないのにLINEを送らない」(27歳/その他/事務系専門職)
・「彼氏が忙しいときは連絡を控えて、会うのも我慢する」(31歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

男性は連絡無精なもの。中にはまめな人がいますが、希少種と考えていいでしょう。頻繁な連絡は確実に嫌がられます。彼に構ってほしくとも、グッと我慢を。

些細なことを注意しない

・「細かいことを言わない。言いたいことも我慢する」(27歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)
・「イラっとする言動があっても、スルーして忘れる」(26歳/学校・教育関連/技術職)
・「わがままを言わない。自分から折れる」(30歳/情報・IT/技術職)
・「つまらないことに口出ししない。自分でやれば解決することは彼に無理にやってもらおうとしない」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

彼の言動や、習慣に「イラッ」とすることもあるでしょうが、それをいちいち注意していたら、彼もうっとうしいと感じてしまいます。「これは言ったほうが彼のためになる」と思っても、言葉をグッと飲み込みましょう。

予定を細かく聞かない

・「誰と一緒に遊んでいるのかとか、いちいち聞かないようにする」(24歳/小売店/事務系専門職)
・「デートのドタキャンなどがあったときに、深く理由は聞かない」(34歳/建設・土木/クリエイティブ職)
・「飲み会で帰ってくる時間をしつこく聞かない」(30歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
・「どこで誰と何をしたっていうのは、細かく聞かない」(33歳/その他/その他)

自分といるとき以外に彼が何をしているか、誰と過ごしているか、ついつい気になってしまいますが、詮索しすぎるもNG。男性は束縛を嫌うものです。プライベートな時間も尊重してあげましょう。

まとめ

愛情が高じて思わず取ってしまった行動が、逆に彼の心を醒めさせてしまうことも多々あります。彼を本当に愛しているのなら、衝動的な独りよがりの行動を取るのではなく、「これをしたら彼はどう思うか」ということを、冷静に考えてから動き出しましょう。思いやりのある行動を取れば、きっと彼もその気持ちに応えてくれるはずです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数427件。22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]