お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

要注意! 「下心あるな」と感じる男性の言動4選

ファナティック

男性からデートに誘われることがあっても、それが遊びとしての下心なのか、それとも本命として誘ってきているのかわからないものです。そこで今回は女性のみなさんに、「下心あるな」とつい気づいてしまう男性の言動について、お話を聞いてみました。

お酒をすすめる

・「お酒をたくさん飲むようすすめてくる」(32歳/その他/その他)

・「飲みに行ったとき、やたら酒を飲ませて『次カラオケいこう』と個室に誘ってきたとき」(29歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「お酒を飲ませて甘い言葉をかける。ボディタッチをしたり甘えてくる。『家に来ない?』か『帰るのめんどくさい』と言う」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

お酒をすすめられると、多くの女性は下心があると考えるようです。ただし、お酒の強い女性の場合、先に男性が酔いつぶれてしまうこともありますよね。

ボディタッチが多い

・「ボディタッチがやたらと多い」(33歳/その他/事務系専門職)

・「ボディタッチをされる、もしくは触れられるよう仕向けてくる」(33歳/建設・土木/技術職)

・「やたらとボディタッチしてくる。漫喫とかカラオケボックスとか個室に入ろうとする」(33歳/その他/その他)

ボディタッチが多くなると、やはり下心があるのではないかと警戒しますよね。確かに触りたいというのは、わかりやすい男性の下心の表れと言えるのかもしれません。

家に誘う

・「やたらと自分の家に来ないかと言ってくること」(24歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「さりげなく家に来ない?と誘う」(30歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「やたらと自宅へ呼ぼうとする」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

付き合ってもいないのに家に来るように誘うのは、完全に下心の表れですよね。もちろん、あの手この手をつかって誘ってきます。下心のないケースも中にはあるかもしれませんが、警戒して対応したほうがいいでしょう。

終電を逃させようとする

・「終電を逃させようとしていること」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「やたらと飲み会の二次会に誘ってくる。終電が近づいているのに料理を注文する」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「終電を気にしない。時計を見ない」(28歳/マスコミ・広告/経営・コンサルタント系)

終電に間に合わないようにするのも、定番と言えば定番と言えるでしょう。終電を気にしていなくてもタクシーなどで送ってくれることもあるので、この場合は少しでも長く一緒にいたいだけというケースもありえます。

まとめ

下心があると感じるさまざまな言動がありますが、これは今も昔もほとんど変わっていませんよね。男性に不慣れな女性でなければ、その手にはのらないといったようなものばかりと言えます。もっとびっくりするような新しいものが出てくるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数159件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]