お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

まさかこんな些細なことが別れの原因に!? 「同棲カップル」破局のきっかけ

ファナティック

結婚の前のお試し期間として、「同棲」をするカップルは多いそうですが、同棲がきっかけで、今まで上手くいっていたのに、別れてしまうケースも少なくありません。今まで知らなかった相手の一面に気付き、心が冷めてしまうのかもしれませんね。そこで今回は、同棲したけれど、些細なことで別れてしまったエピソードについて、働く女性たちに聞いてみました!

お金のこと

・「お金のやり取り」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「金銭感覚」(25歳/生保・損保/営業職)

・「お金貸してって言われたとき別れた」(22歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「お金と時間の価値観とすれ違い」(25歳/電機/技術職)

金銭感覚は、結婚をするかしないかを決める大きなポイントの一つです。生活を一緒にすることにより「この人のお金の使い方にはついて行けない!」と少しでも感じたのであれば、結婚は思いとどまった方が良いかも……。

ライフスタイルのことで……

・「夕ご飯が気に入らなかったのが原因でけんかをはじめ、そのまま別れた」(34歳/その他/営業職)

・「洗濯の干し方で揉めて、別れた」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「トイレの便器のふたの閉め忘れ」(32歳/その他/事務系専門職)

・「朝食を食べるかどうか」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

どんなに性格が合っていても、ライフスタイルまで合致するとは限りません。むしろ、完全に合致することの方が少ないでしょう。お互いに、どこまで相手を受け入れ、自分を変化させるかが大切です。

時間が合わない

・「どちらかがあまり家にいる時間がなくなった、帰ってこなくなって別れたは聞いたことがあります」(31歳/情報・IT/技術職)

・「友人が生活リズムに違いから別れた」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「すれ違い」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

別々に暮らし、付き合っているときは、相手との時間を作るために頑張ったけれど、一緒に暮らし出した途端、その努力をしなくなる男性もいます。「別々に住んでいたときの方が寂しくなかった」なんて感じたことのある女性も多いのでは?

同棲は、今まで気付かなかった相手の一面、本性を教えてくれます。それによって、二人の関係が良い方へ進む場合もあれば、逆に、関係が終わってしまう場合も大いにあります。結婚を考えている彼と同棲に踏み切る前に、本当に彼と暮らしても大丈夫そうか、まず自分に問い掛けてみてください。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数175件(22歳~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]