お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

恋人と平和にトラブルなく別れる3つのポイントとは?

カップル恋人に別れを告げる、というのはなかなか大変なもの。別れを告げようと決めたのは、あなたに恋人への気持ちがなくなったからですよね。でも、もう好きじゃないからと言っていい加減な形で終わりにするのもよくありません。立つ鳥跡を濁さず、と言いますが、最後はなるべく平和的に終わらせたいものです。
そこで恋人とスムーズに別れるために、どうしたらいいのでしょうか。いくつかの方法を考えてみました。

■さりげなく終わりを感じさせる

突然別れを切り出せば、恋人は寝耳に水でパニックを起こしてしまうかもしれません。そうなれば話し合いもなかなか進まなくなります。そこであなた自身でだいたい別れを切り出す日を決めておき、それまでの間に、さりげなく気持ちが冷めてきたようなそぶりを見せましょう。そして恋人に変化を感じてもらいます。

<ポイント>
・徐々にあなたからの連絡頻度は減らしましょう
・恋人からのメッセージには、返事は短く、あまり愛想をよくしない、顔文字などを入れない、返事をだんだん返さなくなる
・話すとき目を会わせない、話しかけられても目を見ずに返事
・笑顔を減らす

しばらくして恋人の方から「なんか、最近……」とあなたの変化について持ちかけられたら、そこで別れ話を切り出すとスムーズ。またはここであなたの方から「距離を置こう」と具体的に提案して、数週間から数カ月全く交流を取らなくなれば、恋人も気持ちに整理がつけやすいかもしれません。そのまま自然消滅も期待できます。

■「好きではなくなった」の一本で通す

あなたが恋人と別れるのには何らかの理由があるはずです。そして恋人に別れを切り出せば、「なんで?」と理由を尋ねられることがほとんど。男性は特に理論や理由付けにこだわるからです。
でも、そこで正直な理由を述べることに、意味はありません。「あなたの○○が生理的に受け付けない」とか「他に好きな人ができた」などと言えば、相手を逆上させるだけです。一番納得してもらいやすい理由は「好きではなくなった」と言うことですね。もう好きではないのですから、相手もどうすることもできません。

ちなみにどんな理由を述べても、一度で「そうか、わかった」とは言ってもらえないことが多いです。
「なんで?」「悪いところは直すから」と、なんとかあなたを説得にかかりますが、何度聞かれても「好きではなくなった」の一本で通すのがコツ。他の理由よりは早く身を引いてくれるでしょう。断固として言いつづけてくださいね。

■必ず相手の話も聞きましょう

あなただけ言いたいことを言って、「さよなら」と立ち去ったのでは相手は納得できません。別れ話に納得もなにもないのですが、男性は特にプライドの高い生き物です。一方的にその場で話を進められて、しかもフラれたのでは立場がありませんよね。
そこで相手が何か言いたいことがあるようなら、その言葉にも耳を傾けましょう。ただしあなたの心の中は、(何を言われても変わらない)という気持ちを持ち続けることが大切。あくまでも穏やかに相手の話を聞き、冷静でいるのがケンカにならないコツです。
そして十分に相手の言い分を聞いたあと、「それでも気持ちは変わらない」ことを告げてください。

■まとめ

女性は「相手を傷つけたくない」という思いから、つい回りくどい言い方をしてしまったり、説明が長すぎて結論がぼやけてしまいがち。そして男性はそんな女性の話を、イライラしながら聞いていることが多いようです。
別れ話をスムーズに進めるためには、簡潔かつ揺るぎない結論がポイントですよ。花の命は短いのですから、スムーズに別れて、きびきびと新しい恋に向かいましょう。

鈴木ナナ

※画像はイメージです。

お役立ち情報[PR]