お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

それ、全然うれしくないから! 言われても微妙な「彼氏からの褒め言葉」4選

成瀬瑛理子

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

彼から褒めてもらえたら、それだけで舞い上がってしまいますよね。しかし、自分では短所だと思っているところを褒められるなど、ときには複雑な気持ちになることも……。働く女子に、彼氏から言われた褒め言葉の中で、うれしくないと感じたものを聞きました。

「カッコいい」

「かわいらしいファッションや言動がとにかく苦手。苦手だけど、それがコンプレックスでもあるから『カッコいいところが好き』だと彼から言われると反応に困る」(28歳/不動産)

「かわいい」と言われてうれしくないと感じる男性の気持ちと同じですね。

「たくましい」

「彼と家にいるときに、部屋の中に虫が入ってきたのですぐに殺虫スプレーで退治。あまりのすばやい対処に『本当にたくましいよね。ジャングルでも生きていけそう』と感心された。褒めているつもりのようだったけど、彼の前ではおしとやかでかわいらしい女子でいたかった……」(28歳/金融)

とっさの行動には本来の性格が出てしまうのかも。とはいえ、乙女心も理解してもらいたいですね!

「赤ちょうちんが似合う」

「記念日のお祝いに、ちょっといいレストランに連れて行ってもらった。帰りがけに『高級レストランより、飲み屋街の赤ちょうちんのほうが似合うよね』と冗談を言われた」(27歳/IT)

「気取っていない」部分を褒められたのかもしれませんが、それならそうと言ってほしいものです。

「仕事熱心だね」

「いつも定時で退勤できる仕事の彼とちがって、私は残業することもしばしば。あるとき、デートの約束に仕事のアクシデントが原因で大遅刻してしまった。『残業も仕事熱心な証拠だよ』と笑って許してくれたけど、嫌味なのかなと思ってしまった」(26歳/広告)

彼としては、彼女に気を使わせたくない意味で言ったのでしょうが、本人は逆に気になってしまったのですね。

どちらかというと男性的な一面を褒められたときに、複雑な心境になったという声が多いようです。確かに、彼氏からはかわいらしいと思われていたい女子の気持ちもわかります。とはいえ、彼はそんな彼女のことが好きなのかもしれませんし、素直に褒め言葉として受け取ってもいいのかもしれませんよ。

※画像はイメージです

(成瀬瑛理子/プレスラボ)

お役立ち情報[PR]