お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 婚活

【スペシャル対談vol.2】恋愛学の教授が教える「結婚したい女性」になるヒントとは?

森川友義

早稲田大学で「恋愛学」の講義を行う森川友義教授に、働く女性の本音に日々寄り添うマイナビウーマン副編集長が「結婚にまつわる男性の本音」を聞くスペシャル対談。第2回は、複雑な男性心理から「結婚したい女性」になるためのヒントを探っていきます!

恋愛で努力したのは男性、結婚で努力すべきは女性!?

副編集長 前回、「結婚したい女性」になるためには、「結婚市場」で求められる資質をいかに相手へ提供できるかが重要というお話がありました。「結婚市場」で女性に求められる資質とはなんですか?

森川教授 誤解を恐れずに大雑把に言えば、「メシ」「セックス」「子ども」が基本となります。これを最低基準として考えた上で、そのほかに結婚相手に何を望むかを総合的に考えて男性は判断します。しかし、私たちは物ごとを先延ばしにする傾向があるので、現状で満足しているとついついそのままでいようとするでしょう。たとえば、結婚をしなくても「メシ」と「セックス」が得られるなら、男性にとって結婚をする必然性がなくなってしまう。つまり、結婚してはじめて得られるものを先に与えすぎると男性は結婚への決断が遅れてしまうのです。少々飢餓状態におくくらいでちょうどよい。具体的には、「料理上手」「子育て上手」「家庭的な女」の演出をして、上手にアピールするのがいいかもしれませんね。たとえば、「料理上手」をアピールしたいなら、週末の過ごし方を聞かれたとき、「最近はお煮しめに挑戦中です」と言うとか。「子育て上手」を演出するなら、正面から歩いてきた子連れ夫婦を見て「かわいいね」という反応をしてみるのもいいです。さりげない演技力が問われる場面ですが。

副編集長 なるほど。男性が自分のことを「結婚したい女性」だと思ってくれているのか、見極めるタイミングはありますか?

森川教授 当然、「親に会わせる」ということがスタートになりますよね。

副編集長 女性がイニシアチブをとって「親に会わせる」ということですか?

森川教授 もちろんです。結婚という目的を達成するためには、女性のほうから行動を起こさなくてはなりません。女性は「ラブラブならば、自然と男性はプロポーズしてくれるにちがいない」と思うようですが、それは間違いです。もちろん、「自然に結婚」につながる場合もありますよ。それは女性が「結婚市場」における資質を十分に持っている場合です。十分に持ち合わせていない場合はどうするのか? という話です。その場合には、ある程度、男性を結婚というレールに乗せるよう努力しなくては、恋愛バブルがはじけて交際が自然消滅ということになってしまいます。男性は「恋愛市場」では、女性との恋愛(セックス)を獲得するために、戦略を練り、お金・時間・労力を使ってくどいてくれます。それは「恋愛市場」では女性が損をするから、でした。しかし、「結婚市場」ではそれが逆転するわけです。結婚をするなら、男性がした努力と同じくらい女性も投資をする必要がある。その努力の第一歩が、「親に会う・会わせる」ということなのです。そのあとも、男性がレールを進んでいけるように上手に導いてあげなくてはうまくいきません。

副編集長 最後に結婚生活を長続きさせる秘訣を教えてください。

森川教授 結婚は、「共同生活」です。共同生活である以上は、お互いを補完し合っている状態であるとうまくいきます。お互いが「この人がいないと生活できない!」と思えるくらいが最高ですね。自分が相手に何を提供できるのか、自分は相手に何を提供してほしいのか、自分にはなくて相手にあるものを補完しあう関係こそが最良の結婚生活です。根底には自分は相手が好きだ、相手のために何をしてあげられるだろうかという気持ちが不可欠です。本当の恋愛とは、奪い合うものではなく、与え合うもの。そういうものではありませんか? それを結婚生活で具現化できるといいですね。

副編集長 恋愛では男性が努力をしてくれたからこそ、結婚をするためには女性が努力をしなくてはいけないんですね。世の中の女性たちの意識改革になりそうです! 森川教授、今回は結婚と男性の本音について教えていただき、ありがとうございました。

(マイナビウーマン編集部)

(スペシャル対談vol.1を読む)恋愛と結婚は別物!? 付き合っても結婚を考えてくれない男性心理とは?

お役立ち情報[PR]