お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

既婚者だとは知らずに……女子が不倫をしてしまった理由4選

ゆみこーん

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

ワイドショーでは有名人の不倫のニュースがしょっちゅう取り上げられていますよね。不倫はいけないことだとわかっているけれど、はじまってしまった恋にストップをかけるのは難しいものなのかもしれません……。不倫経験のある女子に、不倫をしてしまった理由を聞いてみました。

既婚者とは知らずに……

「同僚と付き合いはじめて半年くらい経ってから、彼が実は既婚者だったことが発覚。おまけに奥さんは私も知っている、取引先の相手でした。どうして言ってくれなかったの? と、腹も立つし、悲しい気持ちにもなります。でもだからって、気持ちを切り替えることなんてできません。今も彼との付き合いは続いています」(30歳/建設)

最近話題になっているニュースと同じケースでしょうか……。最初からわかっていたら付き合わなかったのでしょうが、あとから知っても別れるのがつらいものなのかもしれません。

安心感から

「経験値の高さからなのか、スマートな言動は既婚者のほうがうまい気がします。その安心感に流されて、いつからか不倫するように……」(33歳/医療)

既婚者ならではの余裕のある身の振る舞いに惹かれる女子もいるようです。

「離婚するから」と言われて

「付き合いはじめたころ、彼は結婚3年目。今後、子どもを持つかどうかで揉めているらしく、離婚を考えているようでした。『必ず離婚するから待っていてほしい』という言葉を信じています」(34歳/教育)

家庭に何かしらの不満があって、奥さん以外の女子を好きになる男性も多いようです。「奥さんの不満話を聞いているうちに不倫関係になった」(28歳/金融)という人も。

好きなら気にしない!

「相手が未婚だろうと既婚だろうと気にしません。お互いに好きならそれでいい。私に結婚願望がないのでうまく成り立っているような気がします」(29歳/IT)

結婚しているかどうかよりも、好きだという気持ちが肝心だと思う人も少なからず存在します。

ずいぶん前にとある俳優さんが、「不倫は文化」だと言ったのはあまりに有名な話。文化というのは大げさかもしれませんが、世の中に男と女が存在する限り、不倫はならないのかもしれません。とはいえ、リスクがあり、傷つくのは目に見えてます。いばらの道には足を踏み入れないことをオススメします。

※画像はイメージです

(ゆみこーん+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]