お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家雑学 ボディケア

あなたの彼は大丈夫? “薄毛”を促進させてしまう彼のNG行動とは?

“薄毛”を促進させてしまう彼のNG行動とは?

「最近彼の頭皮が薄くなったかも……」アラサーの彼氏をもつ女性のなかにはこのような悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか? 髪の量で愛が増減するわけではないけれど、いとしい彼の髪の毛は守りたいですよね! そこで表参道スキンクリニックの友利新先生に、「薄毛を促進させてしまうNG行動」「薄毛にならない方法」について聞いてみました。将来彼が禿げてしまうかどうかは、彼女であるあなたの手にかかっている!?

意外? 薄毛を促進させてしまうNG○○とは

NG行動1 たばこ

友利さん:「頭皮に影響を及ぼす、もっともNGな行動はたばこです! 喫煙は血流を非常に悪くするほか、たばこの物質自体が頭皮に良くないので、薄毛を気にされている方はすぐにでも禁煙したほうがいいでしょう」

NG行動2 不規則な生活習慣

友利さん:「頭皮にとって暴飲暴食はよくありません。お酒も2杯ほどと適量であれば問題はないのですが、度を超すと頭皮に悪影響をおよぼします」

NG行動3 間違ったヘアケア剤の使用

友利さん:「洗浄力の強いシャンプーの使用により、必要なモノをとりすぎてしまう方がとても多いです。頭皮に優しく、基本的な洗浄力が備わっているシャンプーを使いましょう」

薄毛にならないよう手軽にできる対策法とは?

ヘアケア方法

シャンプーで過度に頭皮の脂をとりすぎないようにしましょう。必要なものは残しておかないと皮膚のかゆみが出たり、頭皮のバリア機能を壊してしまうことになります。血流をよくすることが大事なため、頭皮マッサージ、ブラッシングを1日に1回はしましょう!

生活習慣

髪の毛はタンパク質でできているので「良質なタンパク質」をとりましょう。ただし、せっかく良質なたんぱく質を摂取していても、タバコを吸って血流を悪くしてしまっては意味がありませんので、喫煙者の方は禁煙を! さらにストレスは血管を収縮させてしまう原因になるので、リラックスすることが大事。気軽な方法としてゆっくりと深呼吸をするほか、湯船にしっかりと入り血流をよくすることがオススメです。

薄毛に関する嘘・ホント

Q.わかめを食べると毛が生えるは本当?

A:NO! わかめにはミネラルが豊富なので髪の毛の質はよくなるが生えてくるわけではありません。

Q.欧米人は禿げやすいのは本当?

A:NO! 男性ホルモンが多いと禿げやすいといわれているため人種は関係ありません。

Q.朝シャンは禿げを進行させるのは本当?

A:NO! 洗う時間は関係ありません。大事なのは使っているシャンプーの質としっかり乾かしているか。生乾きの状態は蒸れて雑菌が繁殖しやすいので要注意! しっかり乾かしましょう。

Q.毛深い人は禿げやすいのは本当?

A: 一概にはいえませんが、男性ホルモンが多いといった意味では禿げやすいともいえます。ただ必ずではないので△です。

友利新(ともりあらた)さんプロフィール

友利新さん内科・皮膚科医。東京女子医科大学卒業後、同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科。現在、都内2カ所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を 医療として追求し、美しく生きるための啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。2004年第36回準ミス日本という経歴をもつ、美貌の新進医師。近著に『女性のキレイと健康をつくる 美肌タイミングジュース』(保健同人社より2011年6月10日発刊)がある。そのほか、開発プロデューサーとして開発したシャンプーに「VITALISM(バイタリズム)」がある。医師の目線で中身にこだわって造ったという同商品には、頭皮にいい成分をたっぷり配合。スタイリッシュな見た目は、一人の女性として旦那さんや彼がバスルームに置いてもクールな印象にするほか、旦那さんや彼にプレゼントしたらよろこばれるデザインに仕上げられている。バイタリズムオフィシャルサイト(http://vitalism.jp/)他、アマゾン、ドン・キホーテECサイトにて取り扱い。

VITALISM(バイタリズム)シャンプー(350mL)¥1,980、コンディショナー(350g)¥1,980

 

(取材協力:友利新、文:マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.06.14)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

お役立ち情報[PR]