お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

意味がわからない! 「オレ、フラれそう」と焦った男性がやってしまう意外な行動4選

女子を対象としたある調査結果によると、半数以上の女子が「自分はモテる」と思っているようです。対して男で「自分はモテる」と思っている人は、ごく少数なんだとか。
だからなのか、フラれそうなとき、女子は、「ま、今の彼にフラれても次があるからいっか」と割り切れても、男は次がないものだから焦りに焦って、いろんな暴挙に出てしまうこともあるようです。いったい彼女に対して、男たちはどんな暴挙に出るのか? さっそくご紹介しましょう!

1:LINEなどの返信をしない(あるいは既読無視)

「フラれそうと思えば、彼女からきたLINEに返信をしなくなったり、既読無視をしたりします。なんか癪にさわるじゃないですか」(28歳・IT)

男のかわいらしい、ささやかな抵抗ってことでしょうか。

2:自分から別れを切り出す

「フラれそうというのが分かれば、ぼくのほうから彼女に別れを切り出します。自分からフれば、傷つきかたも小さくて済むでしょう?」(25歳・教材販売)
中学生みたいなご意見ってことでしょうか?

それとも、男は、本当は気が小さいのだから、女子は男子のことをもって大事にしないといけませんということ?

3:パチンコに行く

「彼女にフラれそうと思えば、ぼくはパチンコに行きます。パチンコをしながら、今後のことについて考えているのです」(27歳・飲食)

あと30分もすればフィーバーしそうだぜ! という「今後」を考えているのではなくて?

4:デート中も不機嫌になる

「フラれそうだと思えば、ぼくはデート中も不機嫌になります。どうやったらフラれないですむのか、さっぱり分からないからです」(27歳・通信)

こうやってフラれていくのでしょう、という典型的なパターン?

まとめ

いかがでしたか?
男女問わず、だれだってフラれたら、またひとりぼっちの淋しい季節がやってくると思って、どうにかフラれないように努力するかと思います。
「次」を決めこんだうえで、積極的にフラれる女子はいても、そういう男子は、一般的には少ないのでしょう。
だからなのか、男子の「暴挙」は「ささやかな抵抗」みたいな証言が多かったように思います。
そういうのを「努力」と呼んでもいいのかどうなのか、よく分かりませんが、結局のところ男子は女子よりも、恋愛に対して不器用なのかもしれません。

ということは、女子は男子のことをもっと大事にしたほうがいいということ?
なんだか男の肩を持つような結論になってしまいましたが、半数以上の女子は「あたしはモテる」と思っているのだから、まあ今回はこういう結論でもいいですよね。

(ひとみしょう)

お役立ち情報[PR]