お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

告白して振られた経験ありの男性に聞きました! 一番傷つく断られ方とは?

ファナティック

好きな人に告白しても100%成功するわけでなく、あえなく玉砕することも少なくありませんよね。でも、振られるにしても相手の断り方によっては、「この人を好きでよかった」と前向きになれる場合と「立ち直れない……」と落ち込むことも。今回は男性たちに「一番傷つく断られ方」をズバリ聞いてみました。

■ルックスを理由に振られる

・「相手の身体的特徴を言って断ること」(33歳/生保・損保/専門職)

・「容姿が気に入らないと率直に言う」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「好みじゃない、みたいなストレートな言い方」(27歳/情報・IT/技術職)

人それぞれルックスにも好みがあるので、それを理由に付き合えないと思うことは少なくありませんが、はっきりとそれを指摘するのは男性を傷つけることになるようです。顔や体形が好みじゃないと思っても他のことを理由にした方がいいみたいですね。

■生理的に無理!

・「生理的に受け付けないので付き合いたくない」(31歳/自動車関連/技術職)

・「無理とか、相手をけなすことを言う」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「あなたとだけはありえない」(32歳/医療・福祉/専門職)

どこが嫌いというわけではないけれど、生理的に受け付けないタイプの男性って間違いなくいますよね。でもそれを言ってしまうと相手のことを全否定したように受け取られてしまうこともありそう。他の理由を見つけて断るのもやさしさですね。

■期待させるような断り方

・「やんわりごまかそうとする断り方。はっきり気持ちを伝えたほうがいいと思う」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「『私、今恋人ほしいとは思わないんですよ』という断り方」(27歳/自動車関連/技術職)

・「今は付き合えないとか今後を期待させる断り方」(29歳/情報・IT/技術職)

一応、断ってはいるものの相手に期待を持たせるような断り方も実はかなり傷つくようです。ダメならダメとはっきり言ってくれた方が、すっきりするのかもしれませんね。

男性のプライドを傷つけてしまう言葉で断るというのは、いくら相手に興味がないとはいえ優しさが足りないかも。付き合う気がないならはっきりと断ることは大事ですが、相手の容姿などを否定するような発言は止めたほうがいいですね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2015年1月10日~23日にWebアンケート。有効回答数96件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]