お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

どこから攻める!? 刺激的なキステク3選

ファナティック

彼との付き合いが長くなってくると、どうしてもマンネリ感が増してしまうものです。キスをしても、付き合った当初のようにときめかないことってありますよね。そこで今回は女性のみなさんに、マンネリ知らずな刺激的なキステクを教えてもらいました。

<刺激的なキステク>

■パターンを変える

・「普段とはちがう場所にキスする。耳たぶとか」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「毎回すべてを同じパターンでしていかず、うしろから前から下から、といろんな方向から攻めながらキスをしていく」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「唇以外にキスをしてみることです」(31歳/その他/その他)

付き合いが長くなると、キスもパターン化してしまいがち。いつもとちがうパターンでキスをするのも楽しみ方のひとつです。普段男性がリードしているのであれば、たまにはこちらがリードしてみるのもいいかもしれませんね。

■場所を変える

・「いつもとはちがう場所でする。外でこっそりする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「街中で突然……みたいなのもたまにはいいかも」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「外で、人目がないところでこっそり」(26歳/学校・教育関連/専門職)

マンネリ化しないようにするには、普段とちがうことをするのもいいですよね。普段ならキスをしないような場所で、キスをしてみるのもひとつの方法。新鮮な気持ちになれるのではないでしょうか。

■不意打ち

・「不意にする。たとえば、振り向いたときにすぐとか、うしろにいるときに首にしたりする」(29歳/情報・IT/技術職)

・「不意を狙ってする」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「いつもは自分からキスをしないけれど、たまに自分からする。びっくりされたり、照れたりするので、なかなか見られない反応がある。普段とちがうのでお互いにいいと思う」(31歳/食品・飲料/技術職)

ムードを作ってからキスをするのでは、いつもと同じパターンになりがちです。いつもはしないような不意打ちのキスをすることで、彼にサプライズを与えてあげましょう。

<まとめ>

付き合いが長いと、いろいろなことがマンネリ化してきてしまいます。たまには、相手がびっくりするようなキスをしてみると、マンネリした気持ちも改善するのかもしれません。キスにもいろいろな方法がありますし、場所やタイミングなど、変化をつけられるところは工夫してみましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月3日~2016年2月8日
調査人数:116人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]