お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼氏が「もう別れたい」と見切りをつけた彼女の残念な行動3パターン

ファナティック

興ざめ付き合いはじめは相手のことが好きでたまらない気持ちのほうが大きいけれど、気持ちが落ち着いてくると、相手の色々な面が見えてきて「何かちがう」と感じることも。そういうときにふと「別れようかな」という気になる人って少なくはなさそうですよね。今回は、男性たちがパートナーとの別れを意識した瞬間について聞いてみました。

意見が合わない

・「話が合わなかったり、何ヶ月も一緒にいても会話がぎこちないとき」(26歳/その他/技術職)

・「ケンカするたびに、この先やっていくのか……と思って毎回考えます」(30歳/情報・IT/その他)

・「様々な局面で共感できる部分がなくなり、逆に今までいいなと感じていた言動や考え方に対してストレスを感じるようになった」(38歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

最初のころは価値観が同じだと思えていたのに付き合いが長くなってくると意見が合わないことも増えてケンカばかり。この先、何度同じようにケンカを繰り返すのかと思うと付き合っている意味があるのかなと思う男性も。今まではよく見えていたところまで「実は嫌かも」なんて感じはじめると一緒にいるのもストレスになりそうですね。

一緒にいても楽しくない

・「マンネリしてきて、会うのもしんどくなってきたとき」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「しばらく会えない時期が続いても、あまり寂しいと感じなかったとき。一人で過ごしているときのほうが充実しているように感じたとき」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「心が拘束されてる気がしたとき」(29歳/学校・教育関連/その他)

一緒にいるのが当たり前になってきて、面白みを感じなくなった。いわゆるマンネリを感じたときに別れを意識する男性は多いようですね。二人でいるよりも一人でいたほうが充実した時間を過ごせるし、気持ちもラクかもなんて思うと「何で付き合ってるんだろう」と恋人の必要性まで疑ってしまうのかもしれませんね。

相手の言動が我慢できなくなった

・「そしゃく音を立てたのに我慢ならなかったとき」(32歳/商社・卸/営業職)

・「癇癪を起こす人。面倒になる」(28歳/金融・証券/営業職)

・「目上の人にもタメ口だったり、持ち上げられていないと不機嫌になっているのを見たとき。同じコミュニティの友人結婚パーティーで年上の男性に自分が食べ終わった皿を片づけさせているのを見て、もう基本的な考え方がちがうと思った」(31歳/電機/技術職)

好きな気持ちが大きいうちは相手の言動をすべて許すくらいの大きな心を持てる人も多いでしょうが、あまりにも言動が目に余るようになると好きな気持ちを冷めさせてしまうきっかけにもなるようです。彼女も最初のうちは自分をよく見せようと努力していたのかもしれませんが、慣れてくると本性が出てしまうのでしょうか。

まとめ

男性の気持ちが冷めてしまうのは、彼女と過ごす時間をマンネリ気味に感じたり、彼女と意見が合わなくなったりすることが原因のようですね。男性自身の心変わりというのもあるのでしょうが、彼女のほうも同じように感じていて彼に対する思いやりがなくなっているのも理由の一つかも。気を使い過ぎる関係もストレスになるけれど人に対する気づかいはカップルであっても大事。どれだけ長く付き合ってもそれだけは忘れないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数98件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]