お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

ここさえ大丈夫なら問題ない! 男性が結婚相手に最低限望むこと3つ

結婚相手には、自分の理想通りの人を選びたいというのは誰もが思うこと。でも、完璧に理想通りの人を追い求めていたら、相手を見つけるのが大変だというのもわかっていますよね。ただし、妥協しすぎるのも結婚してから後悔する原因になるもの。今回は、男性たちが「最低限ここだけは」と結婚相手の女性に望むことについて聞いてみました。

家庭を大事にする

・「家庭能力が高いこと(別に専業主婦になってほしいという意味ではなく、地に足のついた生活ができるかという意味)」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「価値観、考え方が合う。食事が作れる。片付けができること。食事が作れないとインスタントやお惣菜を買うようになる。片付けができないとゴミ屋敷化になって困るので」(37歳/機械・精密機器/その他)

・「家庭を守る決心」(36歳/自動車関連/営業職)

結婚するということは2人の家庭を作るということなので、家庭を守るという決心だけは相手に持っていてほしいという男性も。それと同時にごく普通の家庭生活を送るために、掃除や洗濯、料理などの基本的な家事スキルがあることも男性たちが結婚相手として選ぶ女性に望むことのようです。

金銭感覚が合う

・「経済観念が普通であればよい」(35歳/その他/クリエイティブ職)

・「借金をしていない。価値観が大きくずれていない」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「借金などをしておらず金銭感覚もずれていない。ギャンブル好きでない。掃除や服装等で最低限の清潔感がある」(32歳/食品・飲料/技術職)

独身のときは好きなだけ自分のためにお金を使うこともできますが、結婚してからはそうもいかないもの。自分と同じような金銭感覚を持っているか、経済観念がしっかりしているかが結婚するためには最低条件だという男性も。浪費家でムダ遣いばかりの女性だと、結婚後の家計も不安になるということでしょうね。

思いやりがある

・「思いやりの気持ち。これ一点に尽きると思います」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「礼儀、マナーをわきまえていること。これらがクリアできていれば、自分との関係もうまくやっていけそうだから」(29歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「自分を押し付けないで相手とお互いに意見を聞き合える人。わがままは家庭を壊すから」(34歳/その他/クリエイティブ職)

自分の意見を相手に押し付けようとせず、相手の意見もきちんと聞き入れることができる女性。わがまま放題でなく、相手に対する思いやりの気持ちがある女性ならそれだけでいいという男性も。夫婦といえども考え方はちがうものとして、柔軟に受け入れようとする姿勢が大事ということですね。

まとめ

結婚生活を長く続けていくためにも「家庭を大事にする」という気持ちを持っている人が最低条件というのは、女性でも納得できる回答なのではないでしょうか。家庭を守ろうと思えば家事をきちんとこなす努力もするし、ムダ遣いは止めようという気持ちにもなるはずですもんね。ずっと一緒にいるとお互いに遠慮がなくなってきたりもしますが、仲よくなることと気遣いをなくすことは別。2人で協力して家庭を作っていくという気持ちを忘れないことは大事なことですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月18日~12月24日
調査人数:492人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]