お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子のセキララな本音 「帰国子女の女性」の印象4つ

ファナティック

海外で生活経験のある「帰国子女」。もし、職場に「帰国子女」のイケメンが入ってきたら、女性ならば思わず好反応を示してしまうのではないでしょうか?「帰国子女」ってなんだか特別な感じがしますもんね。女性だけではなく、男性も「帰国子女」の女性には、「お、いいな」と思うものなのでしょうか? そこで今回は働く男性達に、「帰国子女」の女性についてどう思うか聞いてみました。

外国語が喋れてかっこいい

・「外国語が話せてうらやましい」(26歳/電機/営業職)

・「英語をしゃべっているとかっこいい」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「英語堪能で、発音が本格的」(31歳/その他/専門職)

・「海外慣れしてそうで海外旅行のパートナーとしてあり。恋人にしたい」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

男女関係無く、バイリンガルには憧れるんですね。あまり苦労せずに、日本語以外の言葉を習得できるなんて、とっても羨ましいです。

見識が広い

・「世の中を広く理解しており、素晴らしい」(38歳/通信/技術職)

・「バイリンガルなだけで、世界が広がる」(38歳/小売店/その他)

・「オープンな性格でサバサバしている」(38歳/運輸・倉庫/その他)

日本は島国なせいか、世界から見ると、視野が狭い、とよく言われます。海外で様々な文化の中で育った人たちと触れ合った経験があると、見識もさぞや広がるでしょう。

日本人の感覚とちがう

・「頭が良さそうだが性格も尖ってそうなので苦手」(32歳/その他/事務系専門職)

・「はっきり言うのはいいけど、こっちがはっきりと物を言うと拗ねそうなのが厄介です」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「空気の読めない人が多い。日本人の感覚と違うとイラッとすることもある」(32歳/運輸・倉庫/その他)

日本人はよく、空気を読む能力に長けている、と言いますね。人が触れて欲しくない話題はそっと避けるなど、暗黙の了解があるはずですが、海外の感覚が沁みついていると、それができないことも。

鼻に掛けている人が苦手

・「日本の男子を少し下に見ていそう」(31歳/不動産/その他)

・「帰国子女ということを鼻にかけるような素振りはやめてほしい」(39歳/その他/その他)

・「お高くとまった感じがする」(27歳/小売店/営業職)

・「高飛車な雰囲気があって近寄りがたい」(35歳/建設・土木/技術職)

自分が帰国子女であることをなんら特別に思っていない人ならば好感が持てますが、逆にそのことを鼻に掛けている人は、男性だろうが女性だろうが癇に障りますね。

まとめ

帰国子女に対する意見は、男性の間では様々でした。特別好意的でも、否定的でもないのは、「女性より優位でいたい」と思う男性のプライドゆえなのでしょうか。帰国子女の女性相手でも、分け隔てなく接することができるような男性が、一番好ましいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年12月にWebアンケート。有効回答数469件(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]