お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

あなたは気づいた? 彼氏が出したその「デートがそろそろ終わるサイン」

ゆめみん/OFFICE-SANGA

デート中に、彼がなんだか落ち着かない様子でスマホを触り始めた。これは「そろそろ帰りたい」のサインかも。まだ一緒にいたいけれど、ワガママばかりいっては彼を困らせてしまいます。去り際もスマートに振舞いたいですよね。そこで今回は、そろそろデートが終わるサインを働く女性に聞いてみました。

次の予定を聞きたがる

・「やたらと『どうする?』と聞いてくる」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「『明日何時から仕事?』と聞かれたら」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「『今日は楽しかったね』などの今日は~だったというセリフが出てきたとき」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

「どうする?」の言葉が出たら、帰りたいのサインのようですね。もう少し一緒にいたい気持ちもあるけれど、そこでさわやかに帰る方が次のデートにつながるかもしれません。この後の予定を聞かれているなら、どこか行きたい場所を言えば、さらに延長できる可能性も!?

満足した素振りを見せる

・「コーヒーを飲み終える」(34歳/情報・IT/事務系専門職)

・「居酒屋で、お代わりをしない」(33歳/建設・土木/技術職)

・「彼が飲み・食べに満足したとき(私の満足感は関係ない)」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

最後の 1杯とわかれば、心の準備ができそうです。ちょっと寂しくても、気持ちを切り替えていきましょう。彼が満足そうな顔を見せたら、最後に思いっきり好きなメニューをオーダーしてみてはいかがでしょうか? 自分も満足しなくっちゃ!

シメを注文する

・「居酒屋デートの時はシメを頼んだら」(34歳/生保・損保/事務系専門職)

・「お冷やを頼んだら終わりの予感がする」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「居酒屋でデザートを注文する」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

シメを注文したらもう帰る時間ということですね。食事デートの場合は、食べ終えたらあまり長居できえいこともあります。それでも、もう少し一緒にいたいなら、ゆっくりおしゃべりできるバーに行くという手も!

帰りたい素振りを見せたら

・「チラチラと外に出たそうな素振りを見せる」(27歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「カフェでひとしきり喋って大人しくなった後」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「盛り上がってたのに、口数が減りだす」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

付き合いが長くなると、だいたい相手のことがわかってくると思います。彼が落ち着きがないと、「ああ、もう帰る頃ね」ということに気づくのでしょう。ちょっと寂しいけれど、ここは潔く帰りましょう。もちろん、次のデートの約束をお忘れなく!

そわそわと落ち着きがなくなる

・「スマホをよく見出したら」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

・「店の出入り口を何度も見たり、時計を気にしだす」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「やたらと携帯ばかりいじりだしたり疲れたねを連発する時」(33歳/不動産/秘書・アシスタント職)

やたらと「帰りたいサイン」を連発されると、もう帰ろうという気分になってしまいます。気を利かせて、こちらから「そろそろ帰ろうかな」と言ってみるのもいいかもしれません。帰りたがっている彼と一緒にいても気を使ってしまいますからね。

送ろうとする

・「私の家の方角に向かって歩き出す」(30歳/情報・IT/技術職)

・「終電の時間を調べ始めるとき」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「歩く方向が駅のほうに向かったとき」(28歳/金融・証券/営業職)

終電の確認はデートの終わりのサイン。彼が駅に向かったり、自分を送ろうとする……。これで自然にデートは終了ということになります。逆にそうならないと明日のことが心配です。タイミングよく帰る彼は、意外と良い人ではないでしょうか?

まとめ

自分はまだ帰りたくなくても、彼は帰りたがっている。疲れていることもあるし、残念ですが仕方がないことです。彼のデートの終わりのサインには、悪気があるわけではないでしょう。ここでさわやかに帰ったほうが、また次の楽しいデートにつながるかもしれませんね。

(ゆめみん/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数406件(22~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]