お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼氏がいるのに……女子が「私、悪い女かも」と思う瞬間6選

ファナティック

彼氏がいてもほかの男性にときめいたり、天然ボケを装いながら内心は計算していたりと、「私、ちょっと悪い女かな?」と思う瞬間があるものなのではないでしょうか? 今回はそんな瞬間について、女性のナマの声をリサーチしてみました。

誰にでもいい顔

・「ムダにファッションなどを褒めてしまうとき」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「男女構わずいい顔している」(29歳/食品・飲料/技術職)

・「気のない人にもやさしくしてしまう」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

ついいろいろな人によい顔をしてしまう……みなさんも心当たりありませんか? ただ、よい顔をしてしまう人も傍から見れば「人当たりのよい人」と思われていることもしばしば。本人はちょっぴり罪悪感があるのかもしれませんが、コミュニケーションにおける潤滑油と思えばよいのかもしれません。

ほかの男性に目がいっちゃう

・「彼氏がいるけれど、相席居酒屋に行っている」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「彼氏がいるのに、好きな人がたくさんいる」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「彼氏がいるともいないとも言わずにちょっとした駆け引きを楽しんでいる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「彼に対する熱が冷めてきたと感じたら、別れる前に別の人にアタックを開始する。いい雰囲気に持っていけると確認したら別れる。決してひとりになる期間は作らない……」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

彼氏がいても「ほかにもっといい人がいるかも?」と思ってしまうことはありませんか? 特に彼氏との付き合いが長くなるにつれて、ほかの男性によそ見してしまうこともあるのでは?

男性を手玉にとっちゃう

・「夜遊びでは、男の人はお酒をおごってくれる人だと思っていること」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「男性をキープする癖がある」(25歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

男性を手玉にとっている女性も。相手に恨まれることがないように気をつけたいものです。

プレゼントの値段を調べる

・「プレゼントをもらうと値段をネットで調べていること」(24歳/食品・飲料/専門職)

ネットで何でも調べることが簡単になった現代、ついついプレゼントや引き出物の値段を調べてしまうこと、ないですか? なんだか人間らしくてクスッとなってしまいますね。

見た目は笑顔でも、心の中では罵詈雑言

・「表面は笑顔だが心の奥底で悪口をコッソリ言っている」(32歳/不動産/専門職)

・「癒し系と言われるけど、本当は腹黒いこと」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

表面上は笑顔で楽しげにしていても、心の中では悪態をついてしまうことも。人間である以上、仕方がないことなのかもしれませんね。

人の不幸は……

・「人の不幸話が楽しいと思っているとき」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「人の不幸を見て、自分はまだましだなとほっとすることがある」(29歳/学校・教育関連/専門職)

人の失敗や人の不幸を見たり聞いたりして、ちょっと楽しんだりほっとしていたりすることもあるかもしれませんが、人が幸せなときには一緒に喜んで、人が不幸なときには一緒に悲しむような人になりたいものですね。

まとめ

さまざまなエピソードが集まりました。中には人間ぽくて「クスッ」となってしまうエピソードもありましたね。本当は腹黒いことを考えていたり、人の不幸に安心してしまったりしてときには罪悪感を覚えてしまうこともあるかもしれませんが、「今は自分に余裕がないんだな」と冷静に捉えて割り切るのがよいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数211件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]