お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スポット

【バレンタイン2016】果実のみずみずしい味わいをボンボンチョコレートに凝縮。爽やかな味わいの「フルータス」

高橋瑞穂/六識

スペイン王室御用達の老舗チョコレートブランド、カカオサンパカ。1935年の創業のチョコレート原材料を製造するNEDERLAND社のファミリー企業として、カカオ豆の輸入からチョコレートへ仕上げるまでを一貫して管理し、高品質でクリエイティブな商品を作り続けている。まさに、それは今日本でも流行っている、“bean to bar”のチョコレート店の走り。メキシコ産、コートジボワール産、マダカスガル産……など、世界各国の希少なカカオを使える環境にあるため、チョコレート好きの間でもその味はお墨付き。

2016年のバレンタインには、日本初となる、カカオサンパカのフルーツボンボンコレクション「フルータス」(6個入り・2916)円を販売する。天然のフルーツピューレを練り込んだ果実のみずみずしい爽やかな味わいと、奥深いチョコレートのコンビネーションを楽しめるのが最大の魅力。フルーツは、木いちご、ライム、マンダリン、ココナッツとパイン、洋梨、パッションフルーツ、ベルガモット、カシスの全8種類があり、そのうちの6種類が2016年限定パッケージに詰められている。

フレッシュなフルーツの酸味と甘みを楽しめるチョコレートは、キリリと冷えたシャンパンや紅茶ともよく合う。バレンタインに好きな相手を招いて、食事の後のデザートとして一緒にいただけば、素敵な思い出になりそう。

カカオサンパカ丸の内本店
http://www.cacaosampaka.jp/
電話番号 03-3283-2238

(文:高橋瑞穂、撮影:瀬尾直道)

お役立ち情報[PR]