お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性のホンネに迫る! 浮気は「するほう」が悪い? 「されるほう」が悪い?

ファナティック

「浮気」は悪いこと。それは誰だって知っていますよね。でも、悪いのは「浮気をするほう」という人が大半を占める中で「浮気をされるほうが悪い」なんていう人も。どう考えても納得できませんが、実際のところ男性はどう考えているのでしょうか。今回は、男性たちに「浮気する側」、「浮気される側」どちらに責任があると思うのかを聞いてみました。

Q.浮気はするほうが悪いと思いますか? されるほうが悪いと思いますか?

「するほうが悪い」……89.6%
「されるほうが悪い」……10.4%

浮気するほうが悪いという男性が約9割と大多数を占めたようですね。では、するほうが悪いと思う理由についても聞いてみましょう。

<「するほうが悪い」と回答した男性の意見>

■不誠実なことをしているから

・「そもそも浮気しなければ満足できないような女を選んだ自分が悪いかなと」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「どんな理由をつけても、浮気は不誠実だから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「されるほうが悪いというのは、浮気した側が自分を守る為に作った、後付けの屁理屈に過ぎない」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

浮気をしないと満足できないような女性と付き合っているのは、自分がその女性を選んだ結果。彼女に対して不満を持っているのも結局は自分の責任なのに、相手のせいにすることはできない。どんな理由をつけたとしても浮気という不誠実なことをしているのは事実なのだから、浮気はしたほうが悪いに決まっているというのは、至極当たり前の考え方のような気がしますね。

■我慢できなかっただけだから

・「ハッキリ行動に移す段階で、どこかで倫理の壁を超えるという過ちを犯したはずだから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「しないという選択肢もあるから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「我慢できず一線を超えたほうに落ち度はあると思うから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

浮気をしないという選択肢があったにもかかわらず、浮気をしたのは自分の責任。倫理的に許されないことを我慢できなかったほうに落ち度がある、責められるのは当然だという男性も。多くの男性が理性で浮気心を抑えている中で、本能のままに行動したというのは責任を感じるべきということですね。

逆に「されるほうが悪い」と思っている男性にも理由を聞いてみましょう。

<「されるほうが悪い」と回答した男性の意見>

■されるほうに魅力がないせいだから

・「魅力がないから浮気される。浮気されるほうが悪い」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「されるほうは、自分が被害者だと思っている。自分が相手にちゃんと尽くしているか、見直したほうがよい」(28歳/情報・IT/技術職)

・「されるようなことをしていると思うから」(36歳/運輸・倉庫/その他)

相手にとって魅力的な存在ではないから浮気される、相手に尽くさないのなら浮気されても仕方ない。そんな風に考える男性もいるようですね。でも、魅力的じゃないと思ったのなら、浮気という選択ではなく別れるという選択のほうが人間として思いやりがある気がしますけどね。

<まとめ>

男性は浮気するものとよく言われますが、その男性でさえ「浮気はするほうが悪い」という考え方には賛同できるようです。浮気は相手に対する裏切り、不誠実な対応というのは理解しているみたいですね。されるほうが悪いという男性の意見については、一見筋が通っているようですが、結局は浮気を正当化するための言い訳にしか過ぎないと思ってしまう人は多いはず。どんな理由があったとしても、相手のことを傷つけてしまう浮気。男女を問わず「するほうが悪い」という意見が多いのはきっと間違いないでしょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数106件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]