お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

うわ、マジかぁ……。男友だちの好きな女性が、自分を好きだと知ったときの男性の気持ち4選!

ファナティック

グループでいるとたまにあるのが、「好きな人の『親友』から告白されてしまった!」というパターン。このケースにはまってしまったら、好きな人にはもう告白しないほうがいい? 社会人男性に、親友の好きな女性から好意を持たれたらどう思うか、聞いてみました。

女性を好きな親友を好きになるようにサポートする

・「迷うが、その男友だちがあなたに興味を持っていることを遠回しに話してみる。似た様な経験上……。好みのタイプではなければ、3人で出かけて男友だちの良さを演出してあげる」(38歳/その他/技術職)
・「友だちに譲りたいのでそっけなくします。友だちが大切だから」(23歳/その他/その他)
・「自分に好意があることを知らないふりして、男友だちの後押しをする。男友だちが告白したほうが、彼のためにもなると思う」(25歳/小売店/技術職)

自分もその女性が好きだったなら別ですが、そうでない場合は「親友に譲る」もしくは「親友の手助けをする」なんて方法を採る男性も多いよう。もし片思い中の男性の「親友」から告白されたら、その人との可能性も探ってみたほうがいいかも!?

どちらかの気持ちが下火になるのを待つ

・「うれしさと友人に申し訳ないと思う気持ちが半々。男友だちが告白してフラれるか、諦めたら女性に声を掛けてみる」(35歳/建設・土木/技術職)
・「下火になるのを待つ。こじれるのは嫌だから」(35歳/金融・証券/事務系専門職)
・「複雑な心境になると思う。両方の気持ちをくみ取ることはできないので、自分からは何もしない」(29歳/マスコミ・広告/営業職)

また親友の恋愛騒動が一通り収束するまで待つという男性も。その後、男性から声を掛けてくれることもあるようです。本当に好きで諦められない相手なら、男性の親友には丁重にお断りして手を引いてもらったほうが、その後の話は進めやすいかもしれませんね。

友だちがどう思おうが、自分の気持ちを貫く

・「自分は自分の思いを貫こうと思う。ほかに誰が彼女のことを好きであれ、後悔したくないので」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「その女性を自分も好きなら、困ったと思うし、好きな女性でないなら男友だちと付き合うようになってほしいと思う。まずは自分の気持ちを大事にしたいと思うから。どんな行動を取るかはわからない」(32歳/その他/事務系専門職)

もしも友人の好きな相手が自分の好きな相手だった場合は、友人には遠慮せずに行動するという男性も。気が合う親友だからこそ、好きな子がたまたまかぶってしまうこともありますよね。片思い中の男性と両思い確実なら、その友人は気にしなくてもよさそう?

相手次第で、成り行きに任せる

・「なるようにしかならないと思います。友人と相手の性格を見極めます。友人が粘着質で揚げ足取りをするタイプならお断りをするとか。そういう感じ」(30歳/運輸・倉庫/技術職)
・「相手による。自分も好意のある女性なら話そうと思う。好意がなければ好意のあるふりはしない」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

自分が原因じゃないとはいえ、三角関係の当事者であることはまちがいなく。こういう場合は女性に持つ好意のレベルや、友人の性格などを考慮しつつ、成り行きに任せるしかないという意見も。三角関係の複雑さは、そう簡単には解消できないですよね。

まとめ

好きな人の友だちから、もしも「好き」だと言われてしまった場合……。自分の片思いの行き場に悩んでしまいますが、たとえ三角関係になってしまっても、それなりに対処してくれる男性は多いよう。三角関係は面倒ですが、あまり怖がる必要はないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数106件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]