お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

女子に聞く! 「紳士」と「キザ」を見分ける4つの基準

ファナティック

街中「キザ」は気取ってロマンチックなことを演出しようとする男性で、「紳士」は肌寒いときにさりげなく上着をかけてくれるような男性、というイメージがありませんか? キザも紳士も「女性に優しい」のは同じかもしれませんが、何か決定的なちがいがあるはず。そこで今回は女性のみなさんに「キザ」と「紳士」のちがいについて、意見を聞いてみました。

キザは単なるかっこつけ、紳士は気づかいができる

・「キザな人はかっこつけたいだけで、紳士は気づかいができる」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「かっこつけているのが、キザ。思いやりを持って接してくれるのが紳士」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「キザは自分をよく見せようとしている。紳士は相手への気づかい」(29歳/金融・証券/営業職)

「キザはかっこつけ、紳士は相手への気づかいができる」という意見が多くありました。自分をよく見せようとしてかっこつける人がキザで、自分より相手のことを思いやれるのが紳士、というのは大きなちがいですよね。

下心があるかないか

・「紳士は下心がない。キザはある」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

・「モテたいなどと、下心がありながら言動する人はキザで、そうではない人は紳士」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「モテるために優しいのはキザ。みんなに優しいのが紳士」(31歳/医療・福祉/専門職)

「モテたいなどの下心があるのがキザ、下心がないのが紳士」という意見もありました。好みの女性だけに優しくするキザな男性とは違って、紳士的な男性は特定の女性だけではなく、みんなに平等に優しいイメージがありますよね。

紳士は相手中心、キザは俺マニア

・「紳士はこちらの要望をわかってくれている感じ。キザは自分に自惚れている感じ」(25歳/小売店/クリエイティブ職)

・「キザは自分本位、自己愛。紳士は相手中心、思いやり」(25歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「キザな人は、ナルシストというか俺マニアな感じ。紳士は相手中心で行動してくれそう」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

「自分にうぬぼれている」「自分本位」「俺マニア」なのがキザで、「相手中心で行動してくれる」のが紳士、という声も。キザな男性って、自分のやっていることに酔っている感じがしますよね。紳士的な男性はそんなことはなさそうです。

キザの振る舞いは不自然?

・「紳士は自然とレディファーストができたりして、鼻につかない。キザは何もかも不自然」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「キザは紳士をはきちがえている」(31歳/その他/販売職・サービス系)

手厳しい意見もちらほら寄せられました。その場でとってつけたように行動するから不自然だし、でも自分では「こうすれば紳士的だろ?」と勘ちがいしているのが「キザ」なのかもしれませんね。とはいえ、キザでもかっこよければ、それだけでサマになる気もしますが……。

まとめ

女性が思う「キザと紳士のちがい」について、さまざまな意見が寄せられました。キザはかっこつけで下心があって自分本位だけど、紳士は気づかいができて下心がなく、相手のことを中心に考えて行動してくれるという差があるようです。「キザは紳士をはきちがえている」という言葉には、思わず深くうなずいてしまいますよね。「その場だけのキザ」ではなく「いつも紳士的」な男性と、お近づきになりたい……、というのが多くの女性の本音ではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数238件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]