お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「彼の実家に初訪問」 沈黙は絶対に避けたい! 彼任せだと不安なあなたへ“会話のマル秘テクニック”

ファナティック

彼の実家を訪問するとき、どんなことを不安に思いますか? 「ランチでもしましょう」という会合の場合、一番困るのが話題ではないでしょうか。何を話せば良いのか分からないので、むしろ色んな準備をして行くという人もいるかもしれませんね。今回はそんな「彼の実家での話題」について、女性の意見を聞いてみましたので、参考にしてみましょう。

■自分から出しゃばらないこと

・「話題を振られるまで、控えめにおとなしくしておくこと」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「気取らず自然体で対応する」(30歳/運輸・倉庫/その他)

最も多かった意見が、「出しゃばらないこと」でした。話題に困って無理して絞りだすよりは、話しかけられたときに対応するくらいのおとなしさでちょうどいいようです。自分としては「この場が和むように」と思って必死で話していても、彼親に「やかましい子」と思われては逆効果ですよね。元から話好きなら問題ないのですが、普段はあまり多くを話さないタイプの女性なら、無理して出しゃばる必要はなさそうです。

■彼の子供の頃の話

・「彼の子供のときのことを聞く。自分の息子のことなので、うれしそうに話してくれる」(30歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「彼氏が普段家族のことをとてもよく話していること」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「彼氏を褒める。地元の話題など当たりさわりのないこと」(33歳/その他/その他)

最も話しやすいのが、彼の子供の頃の話でしょう。この場にいる人たちを結び付けるのは、他でもない彼氏自身です。彼親にとっては大切な息子であり、あなたにとっては大切な彼です。いろんなエピソードが出てくるので、聞いていて楽しいものですし、彼親も自然に楽しく饒舌になります。彼本人は恥ずかしい思いをするかもしれませんが、そこは少し我慢してもらって、この場を盛り立ててもらいましょう。

■彼親の趣味など、好きなことに持っていく

・「相手の趣味を探り、話題をそっちに持っていく」(33歳/その他/事務系専門職)

・「事前に彼氏から親が好きなものの情報を聞いておく」(28歳/学校・教育関連/専門職)

事前にリサーチしておくとプラスになるのは、彼親の趣味でしょう。釣りやゴルフ、旅行といった話題は、あなた自身も好きであれば話しやすいですよね。ただ、自分の趣味と同じだと、うっかりしゃべりすぎる危険もあるのでほどほどに。彼親の趣味が全く知らない分野のことだったとしても、それはそれで「よく知らないのですが、どういったものですか?」と尋ねるところから会話を深めていくこともできます。

■とにかく笑顔でいれば良い

・「話題ではなく、笑顔が大事だと思う」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「相手に話を合わせて、明るい会話をすればよいと思います」(34歳/その他/その他)

最終的には、彼の実家での数時間のことですから、とにかく笑顔で朗らかにいることを心がけていれば良いでしょう。むすっとしているよりは笑顔の方が印象がいいです。彼の親なのですから、虚勢を張る必要もありませんし、無理して話題を絞りだす必要はないのです。笑顔でいる内に、お互いに一緒にいることに慣れてくればしめたものです。

■終わりに

彼の実家に行くのは緊張するものですが、彼親だって同じことです。そもそも彼と親御さんだけであれば話は盛り上がらないのが普通ですから、そこに華を添えるくらいの気持ちで笑顔を心がけていれば、自然に彼親も和んで雰囲気がよくなるでしょう。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数402件(22歳~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]