お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

面倒くさい!? チョコを渡すことが恒例のバレンタインについて思うこと・4選

ファナティック

毎年やってくるバレンタイン。今年もチョコレートの購入で、デパートや百貨店のチョコレート売り場はにぎわいそうですね。ところで、バレンタインにチョコレートを渡すことについて、働く女性は、どのように思っているのでしょうか。本音を聞いてみました。

■「面倒くさい」

・「義理チョコや友チョコなんて習慣があるせいで、とても気を使うイベント。誰に何をあげるか考えるだけでも面倒くさい」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「会社では義理でなんとなく用意する風習だし、彼氏や旦那に毎年毎年贈るのは面倒」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「バレンタインはもともと、お菓子会社の商業的戦略なので踊らされたくない」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

もっとも多かったのが面倒くさいという回答でした。確かに女性から告白できるというのが本来でしょうから、義理チョコや友チョコというのは、面倒なものかもしれませんね。

■「別にいいと思う」

・「特に楽しみではないけれど、チョコを渡すことでいろいろな人との会話のきっかけになるので苦ではない」(24歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「日ごろお世話になっている人などに、お礼ができるいい機会だから」(27歳/機械・精密機器/その他)

・「女性からアタックできる機会」(32歳/学校・教育関連/専門職)

別にいいと思うといった回答では、女性から男性にチョコを渡して告白といったものだけでなく、それをひとつの機会として捉えているようですね。義理チョコで日ごろの感謝の気持ちを! というような考え方もできますよね。

■「毎年楽しみ!」

・「男性にあげるだけでなく、友チョコ交換もあるため。またさまざまなチョコレートが販売されるので、それを自分用として購入するのも楽しみだから」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「購入する楽しみ、作る楽しみがあるから」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「チョコレートが好きなので、お店にたくさんあるのを、見てるだけて楽しくなる」(31歳/食品・飲料/その他)

バレンタインと言えばチョコレートなので、お菓子やチョコレート好きな人にとっては大きなイベントであるといえそうです。いろいろな期間限定のチョコレート、楽しみにしている人も多いようですね。

■「なんとも思わない」

・「会社で特に男性にあげなくてはいけないと言うこともないし、強要などせずあげたい人は勝手にあげれば、みんな平和だと思うから」(23歳/情報・IT/技術職)

・「やりたい人だけやればいいと思うので」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「ただのイベントであって、あまり自分には関係ないから」(25歳/自動車関連/技術職)

特にバレンタインデーを意識していない人も多いようですね。イベントのひとつですから、やりたい人だけがやればいいといった感じではないでしょうか。

■まとめ

意外にもバレンタインデーを、面倒くさいと考えている人が多かったようです。確かに会社などで周囲が義理チョコを渡していれば、参加しなければ気まずい雰囲気になってしまいますよね。でも、イベントのひとつなので参加するもしないも個人の自由。あなたはどう思いますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時2016年1月6日~1月12日
調査人数:215人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]