お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

コレを言われたら諦めて! 女子が失敗合コンの二次会を断る3つのワード!

ファナティック

出会いを求めて行った合コン。とはいえ、初対面の人たちと会話するのは、緊張もするし、疲れてしまいますよね。合コンが盛り上がり、二次会へ行く空気になったときも、どうするべきか悩む人もいるのでは? そこで今回は、働く女性たちに、初めて会う男性との合コンで二次会に誘われたら行くのか、行かないのかを聞いてみました。

Q.初めて会う男性との合コンで、二次会に誘われたら行きますか?

行く……37.9%
行かない……62.1%

「行かない」と答えた人が6割以上という結果に。あまり遅くまで一緒にいるのは疲れてしまうと考える人が多いのかも。ではまず「行かない」と答えた人の理由を聞いてみましょう。

<「二次会に行かない」派の意見>

■面倒なので

・「面倒だから。『親が厳しくて門限がある』と言う」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「興味がなければ早く帰りたいから」(23歳/その他/秘書・アシスタント職)
・「面倒くさいので。『もう帰ります』と素直に言う」(28歳/医療・福祉/専門職)

盛り上がったならいいけれど、そうじゃなかったのなら行くことさえ面倒。と断る人が多いよう。

■「明日も早いから」と言って断る

・「『明日の朝早いから』と伝える」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「楽しければ行く。行きたくないときは、次の日が朝早いことをアピール」(24歳/不動産/事務系専門職)
・「会いたいと思ったら日を改めたほうが、また新たな一面に出会えそうだから。『明日早いから』と言ってするっとその場を抜ける」(30歳/不動産/事務系専門職)

「行かない」とハッキリ言うのも相手の印象を下げてしまうかも。「行きたいけど行けない」風に装うことで波を立てずにすみます。

■「仕事もあるし……」

・「『明日の朝までに終わらせなきゃいけない仕事がある』と言う」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「『明日仕事なのでー』と明るく言います」(33歳/医療・福祉/専門職)

引き止められても「仕事」の言葉には、まわりも諦めるしかいかないもの。個人的にもっと近づきたい人にはあらかじめ連絡先を交換する、というのもいいですね。

<「二次会に行く」派の意見>

■二次会のほうが距離が近づく

・「二次会のほうが、相手の内面がよくわかる気がする。お酒の失敗もあるけど、早めに相手の内面を知ることができると時間を無駄にしなくてよいと思う」(29歳/その他/専門職)
・「二次会のほうがフランクに話せることが多いから」(26歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「人数が減ってより深く話ができるから」(25歳/機械・精密機器/事務系専門職)

二次会になり、さらにお酒が入ってくると相手のことをもっと知ることができるまたとないチャンス。長い時間一緒にいることでさらに彼の新しい一面を発見できるのなら、二次会には行ったほうがいいとの声も。

■まとめ

合コンは出会いの場といっても、いつも自分にとって素敵な出会いがあるかどうかは別ですよね。もっと近づきたい相手がいる、盛り上がったのでこのまま二次会に行きたいと思ったときは、みんなで一緒に楽しむのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数148件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]