お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「ゴメン。誰だっけ?」同窓会での久々の再会でガッカリしたコト4選

ファナティック

乾杯社会人になって数年経つと、中学校や高校の同窓会が行われますよね。「あの頃、好きだった彼はどう変わってるかな?」なんて淡い期待を胸に抱いて行くと、思わぬ姿にガッカリすることも。そこで今回は「同窓会でガッカリしたエピソード」について、社会人女性のみなさんに教えてもらいました!

■まるで別人!

・「かっこよかった人が、薄くなっていてダサくなっていたとき」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「好きだった人が太ってハゲて、おじさんに様変わりしていたとき」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「昔好きだった男性が若ハゲになっていたのを見て、ショックを受けた」(25歳/医療・福祉/専門職)

とても多かったのが「かっこよかった人がハゲていた」や「好きだった人が太っていた」というエピソードでした。ありがちですがやっぱりショックですよね。特に「当時好きだった人」の見た目が変わっていると、切なくなってしまいます。

■気がつけば……

・「子どもを連れてきている子が多かったとき」(28歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

・「いつのまにか、みんなほとんど既婚者になっていたとき」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「好きだった人が、今度結婚することを知った」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

「子どもを連れている子が多かった」や「ほとんどが既婚者になっていた」というエピソードもありました。年齢にもよりますが、気がつけば、まわりは既婚者ばかりというのもつらいですね。「好きだった人が結婚する」というニュースもガッカリです。

■あの頃の輝きはどこへ?

・「かっこよかった子が、昔のほうがかっこよかったりしたとき」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「当時イケてると思ってた人がすっごい苦労したらしく、かなり老けててあの頃の輝きがなかった」(27歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

・「スポーツ万能で好きだった彼が、オタクのように根暗になっていて太ってしまった。しばらく誰かわからなかった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

その当時、かっこよくて人気者だった彼は今でもかっこいいはず! と思ってしまいがちですが、「昔のほうがかっこよかった」や「あの頃の輝きがなかった」というガッカリエピソードも。昔の印象が強い分、現状を見ると残念な気持ちになってしまいます。

■「……誰?」

・「担任に覚えられていなかった」(25歳/情報・IT/技術職)

・「ごめん誰だったっけ? と言われたとき」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

まさかの「担任に覚えられていなかった」や「ごめん誰だったっけ?」というエピソードも! そんなことってあるんですね……。久しぶりに昔の友だちに会えると思って楽しみにしていた同窓会も、その一言ですべてが終わってしまうほどの破壊力です。

「同窓会でガッカリしたエピソード」には、好きだった人の見た目が変わっていたり既婚者ばかりだったり、昔のほうがかっこよかったり存在を忘れられていたなど、さまざまなものがありました。「同窓会で再会したらかっこよくなっていて、連絡先を交換して……」なんていう都合のいい展開は、あまり期待しない方がいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数129件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]