お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼に言いたくても、言えない秘密……。彼の男友だちから告白されたときに女子が思うこと3つ!

ファナティック

ドラマや映画のような素敵な恋にはあこがれますが、苦しい恋は正直ノーサンキュー。恋は楽しく、キュンキュンするものであってほしいものです。でも、ときにはそうじゃない恋の駆け引きもありますよね。たとえば、彼の男友だちから「好きになっちゃんたんだけど……」なんて告白をされてしまったら、女性たちはどう反応するのでしょうか? ちょっと調査してみました!

■すっぱり断る!

・「彼氏一筋でまわりをまったく見なくなるので、うまくいっていない限りは興味がないから」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「彼への気持ちは変わらないと思うので、すぐにバッサリ切る」(34歳/学校・教育関連/専門職)
・「ズルズルと変な方向に行っても困るので」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「彼と気まずくなるのも嫌だし、好きになることもないので」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

付き合っている彼氏のことが本当に大好きで大切ならば、すっぱり断るのが誠実さというものです。中途半端な断り方をしたら、あとで面倒なことになりかねません。

■彼と比べちゃうかも……

・「よりいい相手と付き合うことが、お互いのためだと思うから」(25歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「現状を省みる機会」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「もしかしたら、そっちのほうが優良物件かもしれないから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

今付き合っている人が運命の人じゃない可能性だって確かに捨てきれません。もしかしたら、告白してきてくれた男友だちのほうが運命の人という可能性もあり得ますよね。

■軽くスルー

・「反応に困るので」(23歳/小売店/事務系専門職)
・「適当にスルーするのが一番」(23歳/情報・IT/技術職)
・「彼のことが好きだったら、笑って流したほうがいいと思う」(26歳/医療・福祉/専門職)

男友だちにとっては、一世一代の告白だったのかもしれません。だから、誠実に返すのも礼儀……ではありますが、三者のこれからの関係性を考えると、冗談ということにして受け流すのも優しさかもしれません。

■まとめ

彼の男友だちという超微妙な立場の人からの告白……返答に一秒の迷わない人はそういないでしょう。すっぱり断るか、スルーしてしまうか……はたまた、ほかの対応か。こういう場面に陥ることはそうあることではないかもしれませんが、もし直面してしまったら、ぜひ上記のコメントを思い出してみてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数164件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]