お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

彼女にするとか、考えられない……。 男性からの好感度が下がる悪いほうのギャップ3つ!

ファナティック

人の好感度は第一印象が大きく影響しますが、初めがよかったばかりに後になってイメージ通りではないことに気づき、一気に好感度が下がってしまうこともあります。マイナスだと感じる女性のギャップについて、社会人の男性に聞いてみました。

■食事のマナー

・「食べ方が汚かったとき。箸の持ち方がちがっていたり、ボロボロこぼすなど。一気に冷める。付き合ってはいないが、ステキな女性だと思っていたのに残念だった。自分も食事マナーには気をつけようと思った」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「美人が食べ方が汚くて高感度が下がってしまった。知り合いと思われたくないと思った。その後は会っていない」(29歳/建設・土木/事務系専門職)
・「飲み癖が悪い。あまり相手しなくなった」(32歳/食品・飲料/技術職)

自分がどんな育ちであろうと、正しい食事のマナーは身に着けておきたいものです。食べ方が汚いとそれだけで品性がないように思われてしまいます。お酒を飲むときも同様、適量を楽しい気分で飲むのが大人のたしなみです。

■実は喫煙者

・「タバコを吸うと判明したとき。タバコを吸う女性は好きじゃないので。特になにもありませんでした」(35歳/通信/事務系専門職)
・「かわいいのにタバコを吸う。タバコを吸う人はNGなので、興味がなくなる」(33歳/小売店/事務系専門職)
・「タバコを吸う。会わないようになった」(31歳/金融・証券/専門職)

愛煙家の人にとっては厳しい意見ではありますが、喫煙する女性に好感を抱かない男性も多いようです。昨今はタバコを吸わない男性も増えてきており、タバコのニオイに対するケアは重要なエチケットになっています。

■下品な言動

・「見た目はとてもきれいで、ステキだと思ったけれど、言葉遣いが汚くて、品がなかった。がっかりした。すぐに別れた」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「下品な行動や会話をすることがわかったとき。たんなる友達ですが外見はかわいいけど行動や言葉遣いが下品なので引きました」(23歳/その他/その他)
・「人を見下す発言が多い。何様だと思っているんだと説教したことがある」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

人に対する思いやりが感じられない下品な言動を連発していては、男性の好感度も急降下。乱暴な言葉遣いや雑な言動は知らず知らずにうちに癖になっているもの。気づいたらすぐに改めましょう。

■まとめ

いくら見た目や初対面の社交辞令でいい印象を与えても、その後の接し方によっては第一印象を自ら壊してしまうこともあります。常に完璧な立ち居振る舞いである必要はありませんが、少なくとも思いやりの心だけは忘れないよう心がけましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]