お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

オトコの本音! 寝る前に、気になる女性からあったらうれしいのは「電話」or「LINE」?

大場杏

1日の終わりに、好きな人の声を聴いてから眠りにつきたいこともありますよね。今は電話よりもLINEを利用する頻度が多いと思いますが、寝る前は電話をもらうほうがうれしい女性が多いと思います。男性はどちらがうれしいのでしょうか。こんなアンケートを採ってみました。

Q.寝る前に、気になる女性・彼女からあったらうれしいのはどちら?

 「電話」……50.8%
 「LINE」……49.2%

ほぼ半々という珍しい結果になりました。どちらを好むか男性によるようですね。具体的な理由を見てみましょう。

【LINEのほうがうれしい派の意見】

■気兼ねしなくていい

・「電話は時間がかかるので」(34歳/小売店/販売職・サービス系)
・「こちらのペースで返信すればいいので、眠気を覚ましたりしないから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「気軽に読めるから」(39歳/情報・IT/技術職)
・「電話だと途中で寝ることもできないからLINEのほうが気軽でいい」(36歳/情報・IT/技術職)

電話だとついつい長電話になってしまいがちですよね。「眠くてもなんとか返信できるから」「こちらのタイミングで返すことができるから」と、特に平日であれば自分の時間を確保するほうが優先なのもわからなくない!?

■電話は目が覚めてしまう

・「自分の時間があまりそがれないから」(31歳/電機/技術職)
・「次の日の朝に返信するのが楽しみ」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「電話だと緊張してしまうので、LINEぐらいがちょうどいいと思うから」(31歳/情報・IT/技術職)

「電話だと時間が予測できないから、こちらでコントロールしづらい」「寝たい時に自由に寝られるから」「電話は寝る前はきつい」と、翌日の起床時間や体が眠りに向かっている時に目が覚めてしまうのは避けたいようですね。

【電話のほうがうれしい派の意見】

■愛を実感

・「直接声を聞くほうが気持ちが伝わる」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「SNSはやらないので電話」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「声を聞いたら安心するから」(26歳/農林・水産/技術職)
・「寝る前にちょっと声を聴きたいから」(38歳/通信/技術職)

「電話なら少し話して電話を切れそう」「手早く済ませられるから」と長時間になりそうな電話ですが、意外とLINEはチャットのようになるので、結果的に長くなってしまうこともありますよね。声は人に安心感も与えますし、寝る前に好きな人の声を聴けば安眠できそう。

■友人と恋人を差別化

・「ラインは友だちっぽいため」(28歳/金融・証券/専門職)
・「普段電話はしないので、急にきたらうれしい」(35歳/通信/事務系専門職)
・「好きなんだと確信できる」(34歳/商社・卸/営業職)
・「声を聞けたらうれしいし、メールより距離が近いから」(32歳/通信/技術職)

連絡を取る手段として友人間ではあまり電話を使用しなくなりましたよね。だからこそ、「友人ではなく特別な存在の彼女には電話を!」という考えもあるようです。「彼女の声を聴くと元気が出るから」「ひと言だけでもいいから、相手の声が聞けるとすっきりして眠れそう」「声が聞きたいので」と離れていても寝る前にひと言交わせば、近くにいると感じられそう。

■まとめ

両者のライフスタイルにもよりますが、それを抜きにしても1日の最後のひと言くらい好きな人の声を聞きたいですよね。男性に「あなたは特別な存在」とわかってもらうためにも「電話」を使用して表明するのもありかも!

(大場 杏)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数120件(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]