お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

それでも好きだった! 私が愛した「ダメ男たち」3選

ファナティック

こんな男と付き合っていたら自分がダメになる。わかっていてもダメ男との恋愛をやめられない女性って少なくありませんよね。別れたあとに「何でこんな人が好きだったんだろう」と思うものの、次もまた同じようなダメ男と付き合ってしまったり……。今回は、人には紹介できないような「ダメ男」との恋愛についてのエピソードを聞いてみました。

■現実を直視できない夢見る男

・「アニメオタクで仕事をろくにしない男性が、コミケでがんばってくれたので好きになった」(25歳/食品・飲料/技術職)

・「いつまでも夢を追いかけているダメ男を好きになって貢いでいた」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「実家暮らしなのに金がなく、ギャンブルにハマっていた人」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

仕事はロクにできないけれどコミケでは意外な能力を発揮してくれたダメ男を好きになってしまったり、夢をあきらめきれないダメ男に貢いでしまったり。何かに夢中になっている男性の姿って、女性にとって魅力的なものですが、ダメ男であってもそういうところは同じなのかもしれません。

■浮気性のオレ様男

・「とにかく顔で選んでました。遠いのにいますぐ来いと言われればすぐに行き、行ったら予定が変わったからもう帰ってと言われる始末」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「私のいる前でほかの女の子に連絡先を聞いて飲みに誘ったりする男と付き合っていた」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「浮気や夢ばかり語る男で、浮気されても2番目でいいと思ってしまった。今思えばなんてムダな時間だったのだろうと思ってしまう」(29歳/医療・福祉/専門職)

何度も浮気を繰り返すダメ男ときっぱり別れることができず、今思えばムダな時間を過ごしたと感じている女性もいるようですね。彼女が目の前にいるのにほかの女性に連絡先を聞いたり、急に呼び出しておいて帰れなんて、まわりから見れば「何でこんな人と?」と思うような人も、好きになってしまうといいところしか見えないのでしょうか。

■意思表示がはっきりできないネガティブ男

・「結婚を考えると鬱病になってしまった人」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「生まれてきたことを後悔しているようなネガティブすぎる人と付き合ったことがある」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系

結婚を考えて鬱になってしまうほど精神的に弱い男性。よく言えば繊細なのかもしれませんが、付き合っていると頼りがいもないし物足りなくはなりそう。生まれてきたことを後悔しているような超ネガティブな男性って、一緒にいるだけで自分まで暗い気分にさせられてしまいそうですよね。

■まとめ

ダメ男に惹かれてしまう女性は、どちらかと言えば面倒見がよくてしっかり者の女性だそうですが、ダメ男のほうもそういう女性を嗅ぎつける能力も持っているのかも。私がいないとこの人はダメになっちゃうなんて思うと別れるに別れられず、ズルズルと関係を続けてしまうこともあるのでしょうね。でも、ダメ男は一緒にいる女性までダメにしてしまうもの。「もしかして、ダメ男?」と気づいたら、さっさと見切りをつけて新しい恋をはじめるのが自分のためでもありますよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数164件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]