お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 出会い

目が合うのは勘違い? 男性心理の確かめ方を精神科医が解説

ゆうきゆう

01

ふとした瞬間によく目が合う男性っていますよね。「もしかして私のこと好き?」と思っても、勘違いだったら恥ずかしい思いをしてしまいます。そんなとき、どうやって男性の気持ちを確かめればいいのでしょうか。目が合う男性心理や脈あり脈なしの判断方法について、ゆうメンタルクリニック総院長の精神科医ゆうきゆう先生に解説していただきました。

■男女の勘違いエピソード

02

目が合うからといって、必ずしも恋心があるとは限りませんよね。まずは、目が合ったことが原因で起きた男女の勘違いエピソードについてご紹介します。

◇女性編

女性は男性からどんな勘違いをされたのでしょうか。アンケートの回答を詳しく見ていきましょう。(※1)

☆告白された

・「職場で、よく目が合う先輩男性に告白された」(24歳/その他/事務系専門職)

・「電車の中で目が合っただけなのに、翌日からどんなに混んでいても私の前に来るようになって、一週間後に告白された」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

告白はとても勇気がいる行為ですよね。ある程度両思いだという確信がなければ、なかなか踏み切れないでしょう。目が合ったことを両思いだと勘違いされたのか、いきなり告白されたという女性がいました。

☆好意があると思われた

・「勝手に、『好意を持たれている』と思われた」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

・「目が合っただけなのに、『俺のこと好きなの?』と聞かれた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

目が合うことで「好意がある」と勘違いされてしまうのは仕方ないとしても、「俺のこと好きなの?」と堂々と質問された女性もいるようです。

☆振られた

・「『ほかの子がいいから……』と言われた」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「『タイプじゃない』と言われた」(32歳/その他/事務系専門職)

告白したわけでもないのに、目が合っただけで「タイプじゃない」や「ほかの子がいい」と言って振られてしまったら、びっくりですよね。

☆微笑み返された

・「何度も微笑み返された」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

・「ウインクされて、気持ち悪かった」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ちょっと目が合っただけなのに、何度も微笑み返されたり、ウインクされたりしたという女性も。どういうつもりなのか、困惑してしまいそうです。

◇男性編

それでは男性の場合、女性にどんな勘違いをされたことがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。(※2)

☆好きだと思われた

・「一度も話したこともないのに周りからあの子好きなんでしょ? と言われた」(32歳/情報・IT/技術職)

・「何回か目線が合っただけの女性との関係を友だちに邪推されて、その女性に好意があると勘違いされた」(38歳/その他/その他)

たまたま女性のことを見ていただけなのに。まわりの友だちから好意があると勘違いされてしまったというパターンです。この場合、言い訳をするほどうそっぽくなってしまう可能性もあります。

☆因縁をつけられた

・「女性と目が合っただけで因縁をつけられた」(27歳/その他/その他)

・「考え事をしていただけなのに自分のことを見ていたと因縁をつけられた」(29歳/その他/販売職・サービス系)

いきなり因縁をつけられたらびっくりしますよね。女性の気分が悪いときに、目が合ってしまったのかもしれません。

☆嫌な顔をされた

・「たまたま視線が合っただけで嫌な顔をされてしまった」(31歳/小売店/事務系専門職)

・「いきなり目を背けられて傷ついた」(25歳/その他/その他)

いくら悪気はなかったとしても、露骨に嫌な顔をされたら傷ついてしまうでしょう。今後その女性と接するときにも、気まずい思いをしてしまいそうです。

☆席を移動された

・「喫茶店などで不意に目が合ったときになぜかその後、席を替わられたときは、何か勘違いをされたと思う」(33歳/ソフトウェア/営業職)

飲食店などで知らない女性と目が合ったときに、席を移動されたという男性もいました。女性に警戒されてしまったようですね。

次ページ:目が合う男性心理

お役立ち情報[PR]