お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

こんな言動には要注意! 私のまわりの「思わせぶりなオトコ」の生態「目を合わせて照れる」「飲み会などで、かならず私の隣に座る」

森川ほしの/OFFICE-SANGA

異性を意識しはじめるキッカケって、いろいろありますよね。そのひとつが「相手がどうやら自分に好意を抱いている」と知ったとき。ただ、中には厄介な「思わせぶりオトコ」というのもいるようなので要注意。そこで今回は働く女性たちに、「思わせぶりなオトコの生態」を調査しました! その気になったら、実は勘違いだった……なんてことにならないよう、頭に入れておきましょう。

■私に興味があるのかな?

・「私のことをたくさんほめてくれる男性は、気があるのかなと思ったのですが、ほかの女の子にも同じようなことをしていると聞いたので興ざめ」(30歳/その他)

・「美容院に行ったり、なにか変化があるとすぐに気づいて聞いてくると、よく見ているなと思う」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「私の趣味を詳しく調べて、会話のネタにしてくれる」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

自分のことをよく見ていてくれて、話しかけてくれたり褒められたりすると、女性は弱いんですよね……。ほかの女性にも同じようなことを言っているのかどうか。そのあたりで「思わせぶり」なのか「アプローチ」なのかを判断できるかもしれません。

■「好き」のサインじゃないの!?

・「目を合わせて照れる」(24歳/金融・証券/専門職)

・「みんなといるのに、私だけに話しかけてくる男性」(31歳/金融・証券/専門職)

・「飲み会に参加しないとき、『会いたかったなー』と言ってくる人」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

男性から「会いたかったなー」なんて言われたら、ドキッとしてしまいますよね。本気でアプローチするつもりもないのにこんなことを言っているのだとしたら、その男性は天然の小悪魔か、ただの軽いヤツです。

■聞いてどうするの?

・「水曜日か木曜日くらいになると、週末の予定をかならず聞いてくる」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「彼氏の有無や、休日の予定を聞いてくる」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

彼氏の有無を聞かれたら、「私に興味があるのかな?」。週末の予定を聞かれたら、「もしかして、私を誘おうとしているの?」。筆者ならこう思うのですが……。これって、自意識過剰なのでしょうか? こんなプライベートなこと、興味のない異性には聞きませんよね?

■連絡をくれる男たち

・「メールで『君のことが心配』など言ってくる」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「LINEに日記のようなメッセージを送りつけてくる」(28歳/ソフトウェア/販売職・サービス系)

「君のことが心配」って……。男性としては、心底この女性のことを心配しての言葉なのかもしれませんが、勘違いされても仕方ありませんよね。好きでもない女性にもサラリと言える男性は、かえって信用できない気がします。

■飲み会にて

・「飲み会などで、かならず私の隣に座る」(24歳/通信/秘書・アシスタント職)

・「飲み会で大勢いる中、トイレに立って戻ってきても、私の隣に来る」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「飲み会後、いつも送ってくれる」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

飲み会のあとにいつも送ってくれるということは、「あがってお茶でもどう?」を期待しているとしか思えないのですが……。思わせぶりというよりも、自分からアプローチする勇気がない、ヘタレ男性の可能性もありそう。

■思わせぶりにもほどがある!

・「手をつないでくる、部屋に誘ってくるなど、気があるような素振りを見せてくる人がいたが、ほかに好きな人がいると知って驚いた」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「誕生日にサプライズをしてくれたり、頻繁にメールをくれたりしたので、自分に気があるのかと思いきや、ただのチャラい人だった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「『お前のことが心配なんだよ』とマジ顔で言ってきた同期」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

手をつなぐ、部屋に誘う。こんな恋人にするようなことをしておいて、「ほかに好きな人」がいるなんて許せません! ただの思わせぶりならまだしも、ここまでくると「あわよくば」という気持ちもありそうですよね。

■まとめ

中には、純粋なやさしさや思いやりから出た男性の言動が、女性にとっては「思わせぶり」になってしまうこともあるのでしょう。しかし、やはり大人の男として「女性に勘違いさせてしまう」ような言動は控えてほしい! 女性側も、その男性の言動がアプローチなのか、そうでないのか、きちんと見極められる目を持つようにしたいですね。

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数216件(22~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]