お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「浮気した彼」と「浮気相手のオンナ」彼女の怒りはどっちへ向けられる? 結果は8:2で……

ファナティック

女子もし彼に浮気されたら、とても腹が立ちますよね。その時、気になるのが相手の女性の存在。世の中の女性は、「浮気した彼氏」と「浮気相手の女性」どちらに怒りの矛先が向くのでしょうか?

Q.彼氏が浮気をした際、どちらに怒りの矛先が向きますか?

「彼氏」……81.7%
「相手の女性」……18.3%

約8割の女性が「彼氏に怒りの矛先が向く」と回答しました。では、それぞれの回答を選んだ理由を聞きました。

<「彼氏」派の意見>

■女性に罪はナシ

・「相手の女性は彼女がいることを知らないかもしれない」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「相手の女性も知らずに二股されているかも」(28歳/ソフトウェア/販売職・サービス系)

浮気の背景を考えてみると、少なくとも彼氏には自分という相手がいますが、相手の女性はフリーかもしれませんよね。ただ恋人がいると知らされずに付き合ったのなら、相手の女性も被害者かもしれません。というわけで、彼氏に腹が立ちます。

■彼氏の意志の問題

・「誘われても彼自身が浮気しなければいいだけの話」(32歳/金融・証券/営業職)

・「彼の気持ちが揺るがなければ起こらない問題」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

もし相手が悪い女性で、彼氏に恋人がいると知って誘惑した場合のことを考えます。彼女持ちを誘うのは反則ですが、誘いに乗る彼氏も彼氏ですよね。むしろ誘惑に負けたという点で、意志の弱さが感じられます。すると腹立たしいかもしれませんね。

<「相手の女性」派の意見>

■彼氏が好きだから

・「本当は彼氏自身に原因があるのに、女性のほうを恨んでしまうことが多い」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「彼氏のことが好きだから、怒りの矛先は彼氏ではなく浮気相手に向く」(29歳/生保・損保/販売職・サービス系)

浮気さえしなければ、彼氏とは今まで通りやっていけたかもしれません。ですから誘ったにしろ誘われたにしろ、相手の女性を許せない気持ちはありますよね。彼氏との関係に満足していればいるほど、女性のほうに怒りを覚えるでしょう。

■誘うほうが悪い

・「両方に腹が立つが、私なら絶対相手がいる人とは付き合わないので、相手がいることを知って付き合う女が許せない」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「自分の彼氏をたぶらかしたのだと思う」(26歳/金融・証券/販売職・サービス系)

恋人のいる男性と知っていながら彼氏を誘惑したのなら、女性のほうが悪いですよね。おそらく、相手がフリーでなければ気持ちを抑える人が多いでしょう。それなのに自分の存在を無視して彼氏に手を出す女性は、やはり許せませんよね。

浮気されて腹が立つ気持ちを考えると、自分がいるにもかかわらずほかの女性と関係を持った彼氏のほうに、より怒りを覚える女性が多いんですね。浮気をしたらまず男性のほうに怒りをぶつけられると考えたほうがいいでしょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数235件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]