お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

終電逃しちゃう……? 女子がデートで帰りたくないときに出す合図4!「袖をつかんで上目遣いで無言」

ファナティック

彼とデートのデートもそろそろ終わり。「もう帰らなきゃね」みたいな雰囲気になったとき、本音では「帰りたくないな」なんて思ったりしませんか? 大好きな彼ともっと一緒にいたい。そう思ったとき女性たちは彼にどんな風にして帰りたくないという気持ちを伝えるのでしょうか。今回は「今夜は帰りたくない」と彼に伝える合図について女性たちに聞いてみました。

別れを切り出せないようにする

・「話を盛り上げて切らせないようにする」(23歳/その他/その他)
・「終電前に『もう一軒行く?』と言う」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「『どうする?』と聞かれたら、開いてるお店に行こうと言ったり、2人きりになれそうな所に行こうと提案する」(25歳/不動産/事務系専門職)

彼のほうから「そろそろ……」と言い出せないように話を必死で盛り上げる、終電間近になってから別の店に行くことを提案するなど別れを言い出せない状況を作るという女性もいるみたいですね。彼がどうしても帰りたいと思っているのならそれに乗ってこないだろうし、乗ってきたら彼もその気。はっきり伝えなくてもわかりやすい合図ですね。

帰りたくないと言う/時間があるアピールをする

・「明日仕事が休みなことをアピールすることです。仕事が休みだともっと遊べるよというアピールができます」(31歳/その他/その他)
・「まだ時間が早いという話題を出したり、何か理由をつけて家に行けるようにする。頼んでおいたTVの録画や映画を見に行きたいと言う」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「帰りたくないと正直に言ってしまう。ボソッという」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「今日はもうちょっと一緒にいたいなと言う」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

明日は仕事が休み、と暗に帰らなくてもいいことを匂わせてみたり、彼の家に行けるように仕向けてみたりする女性もいるみたいです。まどろっこしいことはしない派の女性だと「帰りたくない」とはっきり言葉で伝えるようですが、恥ずかしそうにボソッとつぶやくなんてかわいいですよね。

無言で訴える

・「別れ際に袖をつかんで上目遣いで無言の訴え。こちらから言うのではなく、察してほしいから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「腕組みしてる相手の腕にわざと体重をかけて、歩みを遅くさせる。相手にどうしたのかと聞かれるので、素直にもっと一緒にいたいと言う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)
・「もう少し一緒にいたいなと目で訴えています。帰り際もっと一緒にいたかったので手を握って見つめていたら、相手にも気持ちが伝わりました」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

帰りたくない気持ちを彼に目で訴えるという女性もいるようですね。自分から言うのではなく彼に察してもらいたいというのは、恥じらいなのでしょうか。腕を組んでいるときにわざとゆっくり歩かせて、彼から「どうしたの?」という言葉を引き出してから素直に一緒にいたいと伝える方法もかわいらしい感じですね。

まとめ

彼に「帰りたくない」とはっきり言い出せる女性もいるようですが、どちらかといえば彼に察してほしいという感じの伝え方のほうが多いみたいですね。翌日に仕事がなければ、男性としても女性のほうから帰りたくないそぶりを見せてくれるのは大歓迎ということも多いでしょうから、ちょっと合図を送ればすぐに気づいてくれそう。終電間際にモジモジしている彼女を見て、かわいいなぁなんて思ってくれているかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数217件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE