お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いつまでも寝ていたいけど……寒い朝、スッキリ起きるための秘訣5選

姫野ケイ

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

毎朝寒く、布団から出るのがつらい季節となりました。しかし、会社には寒くとも行かなければいけないので、なんとかすっきり起きたいものです。寒い朝、目を覚ますためにやっていることを働く女子に聞いてみました。

窓を全開にする

「朝起きてすぐ、窓を全開にして外の空気を吸います。冬の朝は寒いですが、空気が澄んでいて意外に気持ちいいです」(34歳/出版)

ひんやりとした冬の空気を取り込んで深呼吸をすると、一気に目が覚めそうですね。

熱いシャワーを浴びる

「朝はシャワーを浴びるのが恒例。冬の朝には、温かいお湯が体中に染み渡っていって頭がスッキリします」(29歳/医療)

冬に限らず、一日のはじまりにシャワーを浴びると体がシャキッとしますよね。

起きがけの掃除

「朝起きたらすぐにフローリングシートで床を拭くなど、軽く掃除をします。適度な運動になって目が覚めるし、お腹が空いてきて心地よく朝食も食べられます」(31歳/IT)

起きてすぐに掃除をするとは、なんとすばらしい! 元気なお年寄りは朝起きてすぐにトイレ掃除をすると聞いたことがあります。

入念な洗顔

「冷水だと寒いのでぬるま湯で洗顔をして、最後に水でさっと洗うようにして毛穴を引き締めます。冬場は肌が乾燥するので、化粧水と乳液もしっかりと。朝からスキンケアに力を入れれば、顔の血の巡りがよくなって体がじんわり温まる気がします」(28歳/教育)

寒いとつい洗顔もいいかげんになってしまいがち。ていねいな洗顔を心がけると、メイクのノリもよくなりそうです。

暖房をつけての二度寝

「起きたい時間より30分早くアラームをかけて一旦起きて暖房をつけ、二度寝します。すると30分後には部屋が温かくなり、寒さに震えずに起きることができます」(25歳/映像)

二度寝はとても気持ちがいいので、うっかり寝過ごさないように注意は必要ですね。

寒くて寝坊をしました、という言い訳は通用しません。寒い朝に負けず、いつも通り起きられるよう、自分に合う起床作戦を実践したいものです。あなたは寒い朝、スッキリ起きるために何をしていますか?

※画像はイメージです

(姫野ケイ+プレスラボ)

姫野ケイ

ライター・コラムニスト・作家。宮崎県宮崎市出身。1987年9月7日生まれ。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社でアルバイトしつつ、ヴィジュアル系バンドの追っかけに明け暮れる。現在はweb、雑誌、スポーツ紙等でコラムや小説、取材記事を執筆。
Twitter:https://twitter.com/keichinchan

この著者の記事一覧 

SHARE