お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絶対に捨てられない! 人には言えない「私の秘密の宝物」4選

ファナティック

ほかの人からすればまったく価値を感じられないものだけれど自分にとっては宝物。みなさんには、そんな大切にしているものがありますか? 高級なものなら誰だって価値はわかるけれど思い出が詰まった宝物の価値がわかるのは自分だけ。今回は、女性たちがほかの人には言わずにコッソリ持っている「秘密の宝物」について聞いてみました。

タレントグッズ

・「アイドルグッズ。人に言うのは無理」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「ライブチケットの半券。若いころライブハウスに通った思い出がいっぱい(笑)」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「宝塚のDVD、ブルーレイを持っていること」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

大好きなアイドルのグッズや若いころに行ったライブの半券。ファンでない人にとってはまったくありがたみのないものだし、チケットの半券などは「何で捨てないの?」なんて言われることもありそう。でも、ファンにとっては大事な思い出の詰まったものなので簡単には捨てられないんですよね。

子どものころから手放せない

・「うさぎのぬいぐるみ。小さいころからずっと持っているものや最近ゲーセンで手に入れたものまで。命よりも大事なものです」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「小さいときから使っている赤ちゃん用の布団」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「小学生から集めている消しゴムコレクション」(31歳/医療・福祉/専門職)

大人から見るとただのオモチャでしかないものも子どもにとっては大事な宝物。誰にも見つからないようにそっとしまっておいたという人も多いと思いますが、大人になった今でもそれを手放せない人がいるようです。消しゴムやぬいぐるみを大事にしているとはなかなか言いにくいけれど、捨てるなんてできない。子どものころの思い出を大事にしている人は意外と多いかもしれませんね。

元カレとの思い出の品

・「元カレにもらった高級時計」(29歳/金融・証券/営業職)

・「昔好きだった人からもらったシャーペン」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「昔好きだった人と2人で撮ったプリクラ」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

恋人と別れると女性はあっさりと元カレのことを忘れてしまうと言われていますが、元カレからもらったものを宝物として持っている人もいるみたいです。高級時計については品物としても価値がありそうなので宝物と言われても納得ですが、2人で撮ったプリクラやシャーペンなどは物の価値ではなく思い出が宝物なのでしょうね。

まとめ

女性たちが秘密にしている宝物、いかがでしたか? みなさんにも同じようにずっと捨てられずに残してあるというものが少なからずあるのではないでしょうか。ほとんどが品物としての価値ではなく、それにまつわる思い出や思い入れを大切にしているといった感じですが、宝物ってやっぱりそういうもの。でも、元カレとの思い出の品を宝物として残している女性は、今カレにだけはその存在を隠したほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数164件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年12月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE