お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

約7割のアラサー独女が実感! 既婚女性をうらやましく思う瞬間4つ

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

おひとりさまは快適だし、独身でいることにうしろめたさも感じていないけれど、既婚女性を見ると条件反射的に「うらやましい!」と思うこともあるもの。そこでアラサー独女に、「既婚女性がうらやましくなる瞬間」について、聞いてみました。

Q.まわりの既婚女性を見て、うらやましく思う瞬間はありますか?

「ある」69.1%
「ない」30.9%

今回のアンケートでは、既婚女性を見て、ついうらやましく思う瞬間が「ある」と答えたアラサー独女が約7割いることが判明。独身生活を満喫しているとはいっても、もしかしたら「心の底から楽しんでいる訳じゃない」のかも!? どうしてそう思うのか、詳しく聞いてみましょう。

■LINEなどのアイコンが家族写真

・「同い年の子と旦那さんが、自分たちの子どもを抱いてプリクラを撮ってLINEの画像にしているとかわいいし、幸せそうだなと感じるからです」(26歳/医療・福祉/専門職)

既婚女性をつい「うらやましい!」と思ってしまう存在が、ズバリ家族写真。アラサーになると「平凡でも幸せな生活」が、意外と手に入りにくいことに気づくからでしょうか。

■幸せのレールに乗っている

・「順調に結婚して順調に子どもができていると、世間一般でいう幸せのレールに乗っている感じがしてうらやましくなることはある。そうなりたいわけじゃないのに」(27歳/情報・IT/技術職)

・「安定していて、人生の先をいっている感じがする」(26歳/電機/事務系専門職)

自分が乗れなかった「安定」や「幸せ」という名のレール。これに乗って順風満帆に暮らしている既婚女性が、アラサー独女にはまぶしく感じてしまうことも。

■家族で過ごす幸せな時間がある

・「公園で親子がキャッチボールをしていると幸せそうでうらやましくなる」(27歳/電機/事務系専門職)

・「クリスマスに子どものサンタさん話を聞いたとき」(29歳/自動車関連/技術職)

家族で触れ合う幸せなシーンを見ていると、まぶしく感じますよね。こんなシーンをリアルで体験できる既婚女性は、やっぱりうらやましい存在です。

■家族の絆がある

・「一緒に遊んでいても、子どもや旦那さんの話ばかりで大事なものができたんだなぁと思う」(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「夫婦の絆みたいなものをうらやましく思う」(33歳/その他/その他)

「命を賭けて守りたい」と思えるような、そんな宝物を持っていることも既婚女性をうらやましく思うところ。仕事もライフスタイルも自由な輝かしい独身生活も「家族という宝物」の前では、輝きを失ってしまうことも?

「自分には自分らしい人生や生き方がある」とアラサー独女ライフを楽しみつつも、ついついうらやましくなってしまうのが「既婚女性」の存在。もしかしたら、この「うらやましさ」こそが自分の本心なのかもしれません。あなたは、いつかは同じレールに乗って「よくある平凡な幸せ」を手に入れたいと思いますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数175件(26歳~34歳、未婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]