お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が好きな女性に出している「脈ありサイン」4選

ファナティック

好きな女性と接する場合、何とか相手に脈アリだということを気づいてほしいと思っている男性も多いようですね。一体男性は、どんな「脈アリのサイン」を出しているのでしょうか。気になるものですね。男性のみなさんに、お話を聞いてみました。

頻繁に連絡する

・「頻繁メール攻撃」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「頻繁にメールをして自分のことを知ってもらうようにしてる」(28歳/情報・IT/技術職)

・「LINEのやりとりで、相手の返信を待たずに2、3回こっちからだけ送る。ラリーが1-1の割合じゃない」(36歳/機械・精密機器/営業職)

好きな相手には頻繁に連絡をして、脈アリサインを出している男性は多いようです。好意を伝えるために、相手の返信を待たず、メール攻撃をしている男性も少なくありません。

目を合わせる

・「目を頻繁に合わせる」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「目を見て話す」(30歳/自動車関連/技術職)

・「視線を合わせたり爽やかに振る舞う」(38歳/通信/技術職)

こちらの好意を伝えるために、常に視線が合うよう、好きな女性を見つめている方もいらっしゃるようです。目が合う回数が多いほど、真剣であることの証しなのかもしれませんね。

とにかく誘う

・「食事に誘う。おごると言って」(32歳/商社・卸/営業職)

・「遊びに行こうという」(31歳/情報・IT/技術職)

・「デートに誘う」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

好きな相手に脈アリだということを伝えるには、食事やデートに誘うことが、一番てっとり早いかもしれませんね。気のない相手を誘うなんてことはないということぐらい、相手にも伝わっているのではないでしょうか。

具体的に誘う

・「具体的な日にちで誘う」(31歳/農林・水産/技術職)

・「具体的な誘いをする」(38歳/情報・IT/技術職)

・「具体的に誘う」(39歳/情報・IT/技術職)

せっかく食事やデートに誘っても、社会人になったらそれは社交辞令だと思われてしまうこともあるかもしれません。真剣であることを伝えるには、具体的な日にちを提示してみるのが良いですよ。

男性は好きな女性ができた場合、積極的に脈アリサインを出すことが多いようですね。女性の反応を見ながら、どのように攻めるかを決めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。リスクはなるべく低めにしておきたいと考えるのは、男性も女性も同じかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数114件(22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE