お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「浮気」のきっかけって、どっちからアプローチ? 禁じられた恋愛は意外と身近なものだった!?

ファナティック

好きになってはいけないと思えば思うほど、恋愛は燃え上がってくるもの。相手にパートナーがいると知れば、より気持ちが加速してしまうこともありますよね。今回は浮気を身近に経験した女性に、どのようにして始まってしまったのかを、聞いてみました。

職場の上司と

・「不倫している後輩と上司は、上司がアタックして不倫に発展したと聞いた」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「同じ職場の上司が食事に誘ってきたりして、関係が始まった。もともと彼のことを尊敬していて好意を持っていて、さらに好きになってしまった」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「職場の上司と部下。仕事の悩み相談からプライベートな関係に発展」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

同じ職場の上司と部下という関係から、浮気が始まってしまうことは多いようですね。仕事の相談から始まり、気が付けば好きになってしまっていたケースは少なくありません。

会社での出会いから

・「仕事関係で知り合ったとかが多い」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「会社での出会いが多い気がする。仕事しているうちに自然と仲良くなり、飲みにいき……」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「バイトの後輩と仲良くなり、アプローチしてきて、浮気してしまった」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

浮気が始まるきっかけとして、一番多いのが会社での出会いではないでしょうか。同僚や先輩・後輩はもちろん、取引先の担当者など、さまざまな人と知り合い、その中から浮気相手が見つかるようです。

寂しさから

・「元々さびしがり屋の男性で、彼女に隠れてこっそり女性の知人に連絡を取って、複数人と体の関係を持っていた」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「遠距離恋愛中で、寂しくてつい……という友人がいた」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「マンネリで寂しかったからと聞いたことがある。自分は浮気したことがない」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

浮気をしようと思って始めたのではなく、パートナーの不在や多忙から寂しくなり、浮気をする方もいらっしゃるようです。心の寂しさまでは埋めることができないと思うのですが……。

その他

・「職場の先輩が、合コンであった消防士の人にアプローチされていて、付き合ってはいないが遊んだりしていた。家に泊まることもあったが、ほかの女性と二股されていた」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「仲のいい同僚に彼氏の相談をしていたら、よい雰囲気になってキスしてしまった」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「好きな人が結婚するからと言って、結婚前に告白して結婚したのに付き合いだした友人がいる」(28歳/ソフトウェア/技術職)

他にもいろいろなシーンで、浮気に発展してしまったという方は多いようですね。彼の相談をしていて、つい優しくされてその気になり、浮気してしまったという方も多いのでは。

まとめ

誰かを好きになる気持ちを止めることはできませんが、実際に行動に移すかどうかで、その後の人生は変わってくるものです。幸せをつかみたいと思うなら、楽な恋愛に流されないことが大切なのかもしれません。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数174件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE